2017-03

diaspore

本日もーーーーはい、絶賛絶不調!
痺れて動けませーン。
めまいがくらくらですー。
が、ネズミのうんちと血を集めないといけないしー。
這っていきましたー。
2時から出勤だ、おー!
昨日までに泳動写真でパワポ作っといてよかった、対数計算してグラフ描いといてよかった。
高校で習ったlog使ってますかー、使える仕事もあるんだよ、実社会で。
そういうのも実は大好き。
嫌いなのは哺乳類だけかもー。
木曜は週一の呪いの報告日なので、よろよろでメール書いてデータ貼り付けて、絶賛退散であります。
実質四時間で全部やりきったー。
みんなバイバイ。

**

先日S書房百均棚で購入した北杜夫『或る青春の日記』(中公文庫)、ざらっと一気読み。
東北大学医学部に奇跡的に合格してからの四年分。
茂吉がよれよれ、よいよいになって、身罷るまでの姿も含まれている。
茂吉の遺体を家族含め病理解剖に立ち会った様子、たしか『楡家』でも少し描かれたような記憶があるが、ここにも臓器の状態など細かく記されていて、とても興味深い。

北杜夫に多大なる影響を与えたトーマス・マンは僕のベスト5の作家なので
マンについて二十代の彼がどう捉えていたか、そこが一番気になっていたのですが。
『魔の山』を翻訳した望月市恵氏と直接交流があって、色々聞いてるんだなとか、
古本屋で少しずつマンを集めてるなとか、気になることはポツポツあれど。

一番泣けたのは、あとがきの次の言葉でした。


そんなふうに、およそ文学と縁がなかった私が、どうして「木の芽」の、かなり難解な短歌に惹かれたのか、これは今あれこれと考えてみても、どうしても分からない。或いは、血のささやきだったのかも知れぬ。松本へ行ってから、茂吉の「赤光」「あらたま」からの自選歌集「朝の蛍」を手に入れた。これには、私が生まれた狂院のことや懐かしい青山墓地の歌などが詠まれており、いっそう感激した。それまでずっとおっかなく煙ったく思っていた父は、だしぬけに私の内部で、崇拝すべき偉大な歌人に変貌したのである。
それで私は茂吉を模倣した短歌をかなり真剣に作り始めたのである。私の文学の師はトーマス・マンではなく、実は父茂吉であったのだ。



『楡家』では、一切茂吉の歌人としての姿は描かれず、苦悩する精神科医という側面だけしか描かれなかった理由に、思いを馳せる夜でした。

ghosts

水曜日は最悪に不調だ。
鬱が極まっていて、お疲れさまです、と声をかけられただけで、首に匕首を押し付けられた気分になつている
しかし
お疲れさまとか、良いお年をとか
何の意味もない、いわく緩衝材のようなこの言葉たちが大嫌いだ。

帰り際ならまだ分かる。
なぜ昼間に、何度も顔合わせてるのに、空気を和らげたいのか、突如(おそらく相手には相手の理由があるのだろうが、全くわからない、半分あいたパーテーションのすき間から)
お疲れさまですという。
新人さんは、無理に僕に話し掛けようとする。
が、そのうち、この人、おかしいぞ、とすぐに分かるよ。

お疲れさま返しに、どれだれ喉の奥か声を搾り出しているか。
それでも最強の陰気な声音に向かいでドン引きだろう。

朝遅刻確定したから、血の気なくなってるから、
乗換駅でカフェで一時間休んでから出勤した。
カフェで少し気持ち落ち着いたかと思ったけど、もう近くに知ってる人の気配するだけで吐きそうだ。
気持ち悪い、死にたい、気持ち悪い、死にたい。

職場はもと精神科専門の病院で
時々、入院患者さんがタバコ吸いに脱出している。
横で、それぞれまともにコミュニケーション取ろうとしてる二人の食い違いっぷりに微笑んだ。
わからないよ、見えないよ、人が何考えてんのか、気持ち悪いよねー、、
早く帰りたい、消えたい、消えたい、真っ黒な落し穴だ。

pyrite

平日の方がやる気が出る。
休日はだらけてしまい、いまだ二章しか訳せてない。
1/10だ、最低でも1週間に三章は進めないと、解説が手こずるの分かってるからなあ。
邦訳出てる分の資料も集めないといけないし、
ハードル高いのは本名で書かれたカント哲学関係も読まないといけないのかということ。
ついでに、註のためにシラーやゲーテの詩も探さないと―。
地元の図書館にあるといいけどなあ。

この作者、同時代の仲間からは「現代のヴォルテール」と綽名されていた。
シェ―アバルトやA・クーピン、G・グロスともお友達だった。
以前から思ってたけど、海外文学のある部分を読んでいると、ひたすらヴォルテールの評価が高いことが如実にわかる。
やたらに文豪たちに影響を与え続けてきたという評論にぶつかりまくる。
そのたびに、またヴォルテールかよ!と叫んでしまう。
この叫びは、自分が『カンディード』一作だけしか読んでおらず、
あれ『三角帽子』的などたばた、塞翁が馬的な恋愛喜劇にすぎないんじゃないの?
と非常に低評価を下しているせいであって、彼の真価は一切分かっていないことによる。
だから、こんな綽名もらっても褒められてるのだろうかと、
(いやおそらくかなりの賞賛なのだろう) 穿ってしまうのであった。

**

15年前まで持ってたけど、当時はあまり馴染めず売ってしまったトロピカル三部作が
今聞き直すとサイコー! 買い直そうか迷ってる。
バカです。





zircon

多夢と抗うつ剤との関係については、誘発するものも実際にあるけれど
今飲んでいる薬はほぼ報告がなく、
むしろ過去に受けた傷/溜まったストレスの方が夢魔に手を貸しているような気がする。
それより女性のアスペルガーに関する記事。
同じ当事者の方がまとめたサイトが本当に正鵠を射ている、
というか、もうほぼ合致してしまうので恐ろしい。

女子トーク大嫌いな話は以前にも書いたけど
普通の女性が喜ぶ、ブランド品、衣服、化粧に一切興味がない。
というかそのジャンル見ると気持ちが悪くなる。
化粧品は吐き気がするほど臭いので、つけるにしても絶対無香料。
オトナになっても制服にしてくれればいいのにとか普通に思ってる。
体をしめつけず、選ぶのに困らない単色で、しごく没個性的な画一化されたもの。
実際、僕はズボンしか履かないし、そのズボンを一週間は同じものを履き続ける。
洗濯機で回せない服、アイロンが必要な服は絶対買わない。
下着は替えるけど、白衣の下がどうなってようと他人の服も見ないので、
全身毎日同じにしたい、けどなんとか我慢して上半身は替えている。

そういう感覚が、長い間ずっと「どうやらおかしいらしい」とは思っていても
答えが見いだせなかったのが、ようやく仲間に巡り合えた感じ。
女子トーク=答えがない、時間の無駄、意味不明の堂々巡りとしか思えない。
外観装飾=機能性を重視、窮屈が苦手、一部の感覚が鋭敏(音や匂い)。
そういう訳で、まったく受容できないことがわかった。

他にも社交辞令が一切言えないとか。
嘘ではなく、その場限りの曖昧な言葉が使えない。
だから冷たい、空気が読めないとかになる。

ただ僕は幸いなことに、過去にこうだからといってあからさまに苛められた経験などはなく。
さらにこの年齢になると、変人には距離をとっておこうと放置してくれる
(これがいかにありがたいことか)
そういう人が多くなったことが、本当に感謝しておかないといけないことだと思っている。
昔は、無理に自分の嫌悪感を隠して、そのあと爆発して、けんか別れを繰り返した。
今は最初から人を近寄らせないようにするのが、一番。
お互い傷をつけないですむ。
心配、労いも無用で、上記内容通り殆んどの贈り物や声掛けが的をはずれてしまい。
その結果嘘でも「ありがとう」を言わないといけなくなって、また爆発の導火線になってしまう。
食い違いって恐ろしい。

もう一つ気をつけないといけないと思うのは
自分の「苦手」なものを「好き」な人に対して、できるだけ敵意を見せないようにすること。
ここでも人に近づかない、情報に触れないことが役に立つはず。
嘔吐感のスイッチが回って真っ黒に自分が変化してしまう材料に触れないこと。

アクリル毛布のするする柔らかい触感に挟まれて瞼を閉じ
ノイズを避けて好きな音楽で耳を満たして
タバコとウイスキーの匂いで鼻をごまかしながら、
今夜こそ夢を見ないようにしてくださいと祈りながら眠ろう。

**

ソフトサイケ系の中でも特に好きなアルバム2枚選んでみました。
サジタリウスは同名のアニメも大好きだけどね。
関西弁のカエル、ラナがすごいいいんだわ。



polonium

病院4回目。
苦手な人と狭くて暑い部屋で作業してたら翌日起き上がれませんでした
と言ったら
そういう嫌な奴には近づかない方がいいよ。
おーい、そんな対応策でいいのか、
そうしたいけど、ちょっと苦手なくらいで丸一日寝込むとか許されないでしょ。
院長は自営業で苦手排除できるかもしれないがリーマンってものは…
とこの非常識な僕ですら、それじゃあ給料もらえないっすよーと言ってしまった。
とはいえ、木曜は一人きりでその部屋使えたので、クーラーがんがんにしてのびのび作業できました。

いや、実は火曜の夕方、僕だけ一時間退勤が遅いので
使ったことのない機械のメンテをその苦手な人から頼まれて、
ボタン一つ押せば済むはずの話が、画面が全然聞いてた話とちがーーう!
もうその機械のこと知ってる同僚もいない!
みんなでやってるLINEには一人参加してないので質問もできなーい!
なので苦手な上司に丸投げして逃げた。。。ので倒れたのかも、ね。
後から、机に付箋でも貼っておけば、夜中でもメールしておけばとか
翌日眩暈でぐらぐらしながら考えたけど、元の木阿弥。
そういう非常に些細なことが刺さるのです。
にこにこ笑って底意地計り知れないタイプだから、わざと?とか変なことまで考える始末。
木曜は顔を合わせないようにしてました。
とりあえず謝っとけ、自分と思う。
でもできず、吐きそうになってる。馬鹿だなと思う。

**

素氏にひっついて西荻の古本屋巡り。
お世話になってるS書房さんと少しお喋り。
造本や装幀のこだわりの話はすごく楽しくなる。
結構緊張してました。
あんなに気さくにお話してくれるのにね。
ありがとうございました。
全部で6軒回っていい本屋さんばっかりだから、ついつい財布空にしてしまい。
それでも気持ちは上昇したと思う。

SF分からないので、またバラードとACクラーク一冊ずつ購入したよ。
原稿期間に入ってしまったけど、ちびちび新しい世界を広げたい。

雑誌「グロテスク」も一冊購入。
エログロ関係の雑誌、その森に分け入るのは危険だからー。
梅原関係の森は富士の樹海並みだからー。
やめましょう。
とはいえ、「戦前『科学画報』小説傑作選」で複数回とりあげた那珂良二の奇妙なエッセイが掲載されてて、うおー!となりました。
那珂良二=木津登良=木村虎夫ですが
小説は単行本三冊だっけ、纏まって読めるけど(国会図書館収蔵)
エッセイ、それも結構長いの、初めて見ました。
嬉しかった!けど、那珂良二と聞いて、一緒にうおー!と言ってくれる人、
新青年研究会のあの方くらいでは。。。
復刻したいけど、他にネタ探さないといけなくなるよねー・苦笑。

IMG_20170218.jpg

『グロテスク』昭和5年新年号


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ