2017-07

ada

時間がほしい、
それよりもっと集中力がほしい。

複雑なモル濃度の計算で時間がかかって、本日ももたつきました。
というか、メールで計算方法説明するのが面倒なの。
学校の勉強が現場で役立つ時もある、っていう瞬間が好きさ。
もう一回、勉強したいな、国語以外。
あ、でも化学はあんまり得意じゃなかった、特に有機。
なのでケミカルな現場じゃなくバイオにいます。

**

家に積んであった「悪を呼ぶ少年」トマス・トライオン読了。
風呂に浸かっている最中に佳境を迎え、ぎゃーと叫ぶ。
少年の悪意や、心理学的叙述トリックの作品数あれど、これは超一級のミステリじゃなかろうか!
怖い、怖すぎる、えぐすぎる、なのに牧歌的でリリカルってどういうことなんだ。
それは鍵となる双子の祖母・アダの幻視者的パワーのなせるわざでしょうね。
(アダといえば、グリーン家を思い出すよねえ)

物に意識を集中し、一切外界から離脱していくと、その一点の物に自分が置き換わるという遊戯。
これがすべての引き金なんだな。
落としどころをどこにするか、最後の2ページモノローグを蛇足とみるか、いや僕は良い構成だと思ったけど。
分かったつもりになってしまう2章、そこからのさらなる毒爆弾炸裂。
はー、いいもの読みました。

映画版のDVD発注しちゃったよー。

で、一言だけ文句を言えば。
単行本(角川文庫版もあるので、そっちはどうか分からない)の表紙扉に書かれたあらすじ。
導入部なのかと思いきや、事件の9割方ここに出ています。
おーい、こんな最後まで書くなよ!と。
せっかく訳者の深町さんが、ネタバレ避けて解説してくれてるのにー。
ま、しばらくワイン飲みたくなくなる話ということで、お茶を濁す。

映画版のトレーラー。
これ、怖くて一人で観られない感じだ。



スポンサーサイト

woddy «  | BLOG TOP |  » indeed

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ