2017-08

nanga def

『太陽系最後の日』の残していた短編3個読んで、本当の読了。
その残していた「かくれんぼ」「コマーレのライオン」「破断の限界」いずれも予想外に痺れてしまい。
先日の感想撤回しないと。
「かくれんぼ」の鼠は象より強し的な展開も好きだし、「破断の限界」の究極の選択ミステリも好きだ。
SFは無限にパラメータが与えられる自由度があって、そこに科学的な裏打ちがされると身も心も飛んでいくのだなあと。

最近、本を読んでると意識が飛ぶのね、集中力がぽとんと落ちるというか。
以前は夢想が広がって意識が消えたけど、今は眠りに近い。

精神フラット状態続く。
仕事は内外とも山積みだけど。
やりたいことが沢山出てきたのはいいことだ。

先日、未塗装の無垢のマトリョーシカ(五段組み)を誕生日プレゼントに買ってもらったのだ。
そいつで黒死館マトリョーシカ塗装する時間を捻出するのが近々の目標。
勿論、一番外側はテレーズ・シニョレに決まっています。
麗しの埴輪《ゴーレム》だもの、似合うに決まってる。
あと4体は悩むところだけど、虫太郎と法水は入れたいね。

早く校正終わらせたいけど。
これ手を抜けないからね、集中、集中。

**

自分も高校生の時、理系だったせいもあって地理しか選択しなかったのだけど。
社会科として物語化した過去としての世界史や日本史をやるより、
むしろ近現代史とか、思想史を一個の科目として別個に取り入れるべきじゃないかと最近よくよく思う。
ゲームやスマホにかじりつく子供も大変だけど、
それに違和感を感じない大人の方が、もうどうかしている。
この不穏な空気を、まったく感知せずに日々暮らしているのが怖くて仕方がない。
「考えない」痴愚な状態でいることの恐ろしさを感知しないままいることが、どういうことか。

僕の教科書は、何よりここ十年ほどで触れた戦前の雑誌にしのびよる影にありました。

個の鬱に埋もれている場合ではないと、思うようになってきた。
スポンサーサイト

Hallucigenia «  | BLOG TOP |  » tellurium

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ