2017-07

bromine

BDレコーダからBDに焼くのは早いけどDVDに焼くのはすごく時間がかかる上
当然容量も少ない。
が、家に余ったDVD板をどうしたらいいのか、と考えていたが。
そうか、録音したラジオをまとめていけばいいのだと、思いついた。
例えばANN二時間で160MBだからCDよりDVD4.7GBだと29回分まとめられるじゃん。
ナイス、ナイスバックアップ。

**

本日は楽しく府中散策してしまったので、
明日こそ実験ノートと事務仕事家でやる。
ノートやばいです、実にまずいことになってます、二か月半分溜まってます。
ダメ人間なので、9時間職場にいる中、まず遅刻30分し、昼休みは1.5時間とり、夕方休憩30分とり、それでもぐったりで。
最低限の当日やったことのメモ書きしか残ってません。
スマホに入ってるねずみの臓器写真消したいです。
早くクラウドに移しなさいという話。

**

府中市美術館の「ガラス絵 幻惑の200年史」観てきました。
ガラス絵は当然ながらセル画と同じ考えなので、
通常色彩を積み重ねていく順が逆になるわけで、ガラスの光沢がある分、油彩・水彩・アクリルにしろ不思議な艶と透明感が生まれます。
昔、クレヨンでよく遊んだ、色んな色を塗って一面黒で塗りつぶして削り出すと
闇夜に花火が浮かび上がるみたいな手法を使うこともできます。
川上澄生のような線のくっきりした絵は特にぴたりと決まります。
晩年大変な生活苦に陥った長谷川利行のガラス絵は罅がたくさん入っていて、それがまた屈折を生み出すので面白かったなあ。

幼稚園から小学校低学年の頃だったと思うけど。
うちの母親がおそらくすぐ近くにある大丸の文化教室でガラス絵を習っていました。
多分、子供たちが小さすぎて外に働きに行けないので、身入りのいい内職を探すすべだったと思うのですが。
ガラスに墨(もっと粘稠度の高いものだったかもしれない)で浮世絵風の美人画を描いていました。
彩色はあまりしていなかったように思います。
ずっと和ダンスの一角に作品が残されていて、上手いなあと思っていたのですが
一昨年の大引越しの際に捨てられた模様。

なんていうか、僕の学習机の中に入っていたものも
大事なものはほとんど捨てられていて、どうでもいいものだけ残されるという
げっそりとした記憶があり。
昔からそうですが、思い切りがいいというか、
むしろ思い入れのあるものほど、ヒステリックに捨てるところがあり。
父親が他界した時も、無惨すぎて思い出したくない有様で。
僕の小中高の通知簿も賞状もあらかた捨てられてしまいました。

閑話休題、なので一応ガラス絵のことは知ってはいたけど
その後、世の中でこのジャンルについて語る人もおらず、展覧会でも数点しか見たことがなかったので
これだけ纏まって色んな技法や可能性が見られたのは実に興味深かったです。
一点、フラットな表面のガラスに描いたものが多い中
昔のガラス障子などに使われていた凹凸のあるガラスに描かれた柑橘の絵があり。
それがまた別の反射や肉感を生み出しているので、不思議な味わいでした。

**

冬空の下、寒風にあおられても、ぽかぽか陽気に促されても
散歩している時が一番気が晴れます。
ずっと永遠に歩いていけるような気持ちになれます。
歩いて歩いて遠くに行きたいです。

薬を服用するようになって毎晩夢を見るようになりました。
だから熟睡できているのかというと、日中相変わらず眠いので、微妙なところです。
生活に変化が大きいと夢をよく見るといいますが
それも現状どうなんでしょうか。

昨日は母親がお遍路に行っていて、(絶対そんなことはしない人ですが)
何日もお風呂に入っていないので、汗や垢を白い装束の隙間に手を入れて
手拭いでふいてやるというシーンでした。
最後に、今度お遍路に行くときは私もついていくよと涙ぐんで言うのですが。
目が覚めて、非常に複雑な気持ちになりました。
果たしてこれは、「赦免」「許容」「従容」を意味するのか。
分からないのです。
むしろ憎悪と罪悪感の比重のほんの微細な揺れではないかと解釈します。

初夢は来週ライブに行く人の夢だったので
その幸運を抱きつつまた楽しい夢が見たいです。

**

ではその人が以前所属していたバンド名の元ネタになったマーチン・デニーの曲で。
(なんの謎かけなのか、超有名人だから名前書くの恥ずかしいだけ)

まさに謎エキゾッチック。マリンバ、マリンバ!




スポンサーサイト

sulphur «  | BLOG TOP |  » pagodite

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ