2017-06

アンネット

どうやって毎日過ごしてるのか。
一日の中で、早く時間が過ぎろ過ぎろと思っている時間と
待って待ってもうこんなに早く過ぎると思っている時間の
その差異が極端すぎて、追いつかない。
時計が伸び縮みすると箱に押し込められている閉塞感が増す。

世の人はどうしてあんなに元気なんだろう。
そればかり思う。
あんなにお喋りして働いて家事していろんなところに遊びに行って物欲を満たしたくさん読んでたくさん見てたくさん食べて感想や情報を吐き出して。
一体どこからあんなエネルギーが生み出されるのだろう。
雷雲が天にあり、びりびりとニコラ・テスラが操る雷みたいに、多くの人が充電されているのに、僕には雷を弾いてしまう重い鎧をつけて歩いているようだ。

何一つとしてやっている感じがないのに、くたくたになっている。
週四日しか働いていないのに、一日でエラーになる。
体中が痛くて、マッサージとかストレッチとか考えることにも及ばない。
巨神兵がドロドロに溶けながら歩いているのに似ている。
いろんなものをこぼしながら、拾うこともできないまま、
そうしなければいけないらしいことに向かって、
そうしなければいけないことにぐいぐい押されて
盲進する。

人は話をすると楽になる、ということをいうけれど
僕には一向にその気がないというか
愚痴とか発散とか、聞かされている人の反応すら
声を出すことすら、すべて困難なるものになってしまうので
またも、考えの及ばないものになってしまう。

そうすると、発散させたい欲望も
あるいはまた等価に近しいかもしれない物欲のようなものにも似て
一切センサーが働かないことになる。

本すらもう家の中にある分だけで、
一生読み切れない気がして、滅多に買わなくなってしまった。

そろそろ全部溶けて流れてゆくのではないかと思う。



スポンサーサイト

メイガン «  | BLOG TOP |  » フェリシティ

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ