2017-05

miruka

明日の用意(文フリ)をしないといけないのだけど、
ずっと今日買ってきた文庫二冊読み切ってしまい、
気分は宇宙に飛んでいます。
音楽も声も外見も好きだけど、何より僕はこの人の思考回路に惹かれます。
がむしゃらに落ち込み続け、その分そこから抜け出そうと足掻き、また落ち続け、花開くもの。
才能がないからこそヒドラのごとくわらじを増やしてゆくさま。
同じようにウツに入り、堂々めぐりして、叩きのめされて行く人はごまんといるけれど、
速度が違う。
孤独のなんたるかを知り、内省から脱却し、「自分を思う」より「人を思う」ようになった人。
熱血でもなく、格好良くもなく、ただただ生き急ぐように駆け足で悟る人。

僕は昔のことに思いをはせるのが好きだけど。
むしろ年下の人の方が話していて楽だったりすることもある。
押し付けたりまして教えることなど何もなく。
あまりに自分がつたないがゆえに、同年輩の人と歩調を合わすことが出来ない。
回転数が低く、往々にして逆回転もし、数年にわたり止まる。
この年になっても、いつも新米、新参で、未熟で、
何より継続することができていないゆえに、同年輩が「経験者」になってしまう。

殻はこわれない。

人の日記を読む時。
内面を晒さないレビュー的なものより、
大辛口や時に雑言や、あるいは救いのないウツな言葉を見る方が楽なのはどうしてだろう。
そういうものを吐かないことが美徳、スマートさのように人はふるまうけれど。
でも、人のものを僕がむしろ歓迎しているからといって、
僕のウツは誰も歓迎しないだろうということは、よく判っている。

その人はこういう。
人見知りだと公言することは、ダメ人間なんで気を使ってやってくれと押し付けているのだと同じだと気付いた時、口にするのをやめましたと。
人見知りに限ったことではない。
ある種の病気自慢のようなものだ。
かまってちゃんなのだ。

別の人もこういう。
日記をネットに公開する意味などない。
書いたとて、自分だけが知っていればいいことなのだと。

孤独を大事にしているのなら、それをそのまま継続すればいい。
胃を引っ張り出し、壁に叩きつけるような、嘔吐と悶絶はおそらく誰にもあるのだ。
卒業出来た人も、かつてはあったのだ。
それを実感できないにしても、日々はすぎてゆく。

僕の手のひら返しにもみえる諸行は
結局のところ、嘔吐を初回に耐えて、ミザントロープを隠しきれなかった証にすぎない。
他者の心を知るまでにいかなくとも、自己憐憫の押し付けをやめるべきなのだ。

外に出たくないなら、外にでなければいい。
ないものねだりをやめればいい。
ミザントロープを突き詰めればいい。

散々満ちるという、かつて使っていた名前のように、
砕け散って、同時におかしいくらいに飽和すればいい。

おそらく呪わしく響く彼らの雑言も、
抑制のきかないように見える辛口も、
ただ幼さを捨てたところにあるので、
撞着から離脱しているので、
隠語を使わぬすがすがしさがあるので、存在し得るのだろう。




スポンサーサイト

清らかなる «  | BLOG TOP |  » 焙

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ