2017-06

気配

40日くらい、気心の知れたごく限られた人としか、喋らなかったので。
久しぶりに、苦手な感じの人と二時間初対面で話すことになり、終わってから、グワッとなる。

人と食事できないので、また昼休みとかいう摂理が生まれたらどうしよう。
それを考えるだけで、息がとまる。
一見さんお断りではなく
一見さんのみ耐えられます。
反復したら必ず破綻する。
無人の職場とかないだろう、ないだろう、ありません。

学生の頃、建築系の事務所でバイトしてたとき。
昼休みも、おやつすらも全員集合で。
緊張で腹にガスがたまり、どうしものかでありました。
地図の色塗りとか、プログラミングとか、集中してると楽しかった。
いや、一人のおつかいがもっと好きだったな。
図面の青焼きコピーを作りに行ったり。
一見さんなら、日常会話抜きなら、成立する。

治ってないなあ。
恵美子のお喋りクッキング観ててすら、
えげつない圧力を思い出し、フラバする。


気の配を滴のごと垂らし飽くまでの水晶の時、眼球は罰
スポンサーサイト

恵人 «  | BLOG TOP |  » 蟹のまたたき

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ