2017-06

青い鳥

なんとか三時間半かかって、付録印刷終了。
九時過ぎまで職場に残るの、同人関係のためだけです。
残業代も休日出勤も給料関係ないので、タイムカードすらないんだわ。

コピー誌の割付ってめんどうよね。
左に1P、右に8Pとか。
100Pの手製本やってる人って、どうやってんのかな。
もしかしたらwordの最大スキル引き出してる場合があったら、
DTPソフトの勉強したほうが為になるのではなかろうか?

**

ついったー、結構苦手です。
情報収集には優れているが、自分呟きがしんどい。
宣伝しないとーと思っても、空回りしたり。
膨大な情報流れてるから、視覚に訴えないと全然ダメなんだと自分に言い聞かせたり。
弱音はまだしも、罵詈はだめだし。
誰も口には出さないけど、暗黙ルールが敷衍してるのがよくわかる。
内面よりも公共性、情報重視社会。
難しいので、クチバシはぐるぐる巻きになる。

青い鳥は、実はすぐ傍にいた。
ということには、なかなかならないらしい。

**

土日のバイトで司会者していた、お兄さんがすごく印象的だった。
知的でノーブルな眼鏡おしゃれさんに見せかけて、
休日はバンドでもくもくと汗もかかずにベースやスチールギターやってそうな雰囲気。
不思議な七三分けの耳の隠れる髪型眼鏡君、すらっとノッポのモデルのように動く。

そのバイト、二週間くらい連日一日8ターンくらい、
とある感覚試験をしていて、
僕はたった90分×2しか参加しなかったのだけど、
(時給4000円以上!)
そのお兄さんは、毎回毎回同じ説明しても、非常に温和で落ち着き払っていた。
飽きないのかなあ。
美術館やアミューズメントパークの人とかもそうだけど、
機械のようにずっと同じ台詞と微笑を発してるって凄いことだ。


スポンサーサイト

皐月 «  | BLOG TOP |  » 古風

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ