2017-06

蓄音機

世のおばはんたちの、日々の会話の、
壊れたレコードとか、呼ぶけれど、
まさしく己こそ
百万回繰り返す
自家撞着、以外のなにものでもなく。

あらゆる記憶がおぼろなのに
この一点だけは明確で、それゆえ苛烈で。

頭の渦巻きを
美しいものに置換しなければ。

回路をより
遥かな、遥かな、尖塔へ。

スポンサーサイト

ありす «  | BLOG TOP |  » 沈黙

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ