2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙

沈黙は金だと毎日思う。
言葉にしがたい違和感を、声や文字にしたとたん、
ある種、形勢は傾く。
優位にみえて、暫くすると必ず、悪化する天秤。

時々、こんな僕でも友達とはいわなくとも
お喋りしたいたか、
そうすると雲が晴れそうだとか感じる。
けれどすぐに無理だなと思う。
違和感が、有言の谷あいに見え隠れする。
近寄れば、あれは蛇の棲まう洞穴ではなく
ただ清々と凍った瀧かもしれない。
近づく勇気がないというより、
予め僕は鉈を片手に暗闇で、
彼等に近づくのだから始末が悪い。

本当の臆病者ほど、
過失をおかしやすいのだ。

天保山で一周15分の観覧車に乗った。
真下が高いのは耐えられる。
けれど、下りに差し掛かると、
もう足腰ガクガクさ。
円が、ずるんと前に滑りだし、
落下する感覚が溢れでて、
必死に柵をつかみ、遠い空を探した。

本当の臆病者はこういうもので、
『幾百星霜』の最終巻も鷹子様の、
誰よりも高潔な麗人、鷹子様の怯懦の芯が明らかになった。
十年連載お疲れ様でした。

明日からも違和感を刃にしないように
三つ子の魂百までの
悲しみも矜恃も人それぞれ異なるのだと
それがわからない人がいても
沈黙で立ち向かおうと思う。

でんでんでんぐりがえって、バイバイバイ。
って大名言というか名歌詞だよね。
ゴロゴロ転がって、遥か遠くに往く。
以外と埃ぽいマットレスの上で、
跳べなかった跳び箱を眺めて夕陽を浴びているかもしれない。

バイバイバイ。
スポンサーサイト

蓄音機 «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。