2017-11

梅の宇宙船

今週は水金やすむ、
来週月曜は恐らく最後の培養開始なので
今日誰もいないラボで一人準備。
誰もいなけりゃなんとかなるかなーと思ったけど
帰宅時具合悪くなる。

背中にオバケ乗っかってるみたい。
何を見ても、何を聞いても凹みの引き金になる。
あと50日くらい行けば終わりか。
それはそれでいいことなんだけど、その先、普通に仕事する自信が全く持てない。

今から送別会とか花とか。
そういう恐ろしいものが登場するのではないかと、びくびくする。
その前に下品な人たちにあれこれ詮索されるのも怖い。
だから今月末までは黙っていよう。

僕は花束が苦手です。
匂いもそうだけど、佇まい自体、最強の暴力に見えるのだ。
そもそも動物も植物もぼくのニガテを彼らはとっくに知っていて、
向こうから避けていくのだけれどね。

亀戸天神の梅は、ほっこり白や紅や桃や八重や枝垂れやもろともに繚乱でありました。
長寿の泰然とした老木たちなら、僕の緑の指になれぬ茶の指の穢れも赦してくれるらしい。
観てもいいよと云ってくれていたようだ。

蜀咏悄 1

蜀咏悄 2

蜀咏悄 3

でんでんでんぐりがえって、ばいばいばい。
地球の外って真っ暗っぽい。
スポンサーサイト

時計 «  | BLOG TOP |  » 思案

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ