2017-06

くさめ

エアコンの熱風に当たると気持ち悪くなるので、
自宅ではホットカーペットしか使わないのですが、
職場では噴出し口が頭上にあり、吐きそうになってしまい
脚立にのって古いカレンダーをそこに貼りまくったり、
ミニ扇風機をガンガン回したりして凌いでいます。
が、どうにも他人と体感温度に差がありすぎるようで、
僕がエアコンのスイッチを切ると、誰かがオンに戻す、
また僕が消すの繰り返しで、吐き気がおさまらず。
日中ずっと汗を吹いている感じで、
帰宅するとキンと冷えた心地よい室内で風邪がぶりかえし、ぐったりする。

ここ最近、ECサイトめぐって、ある条件にあてはまるカバンを探している。
15年ほど前に、引き出物カタログでゲットした、
ベネトンの斜めかけショルダー。
こいつが、もう僕のあらゆるツボを心得たすぐれもので、使い倒し、ボロボロになってきた。

306026a13h02.jpg

単純に、このカバンの代替品が欲しいというわけ。
が、なかなかこれに匹敵するものがない。
条件は、生地は合皮(雨対策必須)、つるんと表面加工(本革っぽい、シワシワとかエンボスとかいらん)、斜めかけ必須(両手あき大事)、A4のファイルが収まる(映画や美術館のちらし、原稿などいつも入ってる)、できればそのA4が縦になる形が好き、マチはそれなりに(ペットボトル入れても膨らまない)、全体は定型が綺麗だ、色は黒だけはやめろ、デザインはシンプルかつ変なロゴとか入ってないもの、ユニセックス的な……。

条件厳しすぎるのでしょうかね。
そうなんだね、きっと。
一般的な女カバンがニガテなのは、ぐにゃぐにゃ餃子みたいになってたりするからで、あれは紙が曲がる!
逆に本革なら合いそうなのあるんだけど、手入れが面倒で無理だなあ。
価格は十年持つなら一万位出してもいいんだけど、出しても見つからん。
もう一回同じのを買うか、という諦め気分になっております。

ファンションとか化粧とか
実は表出したものは嫌いじゃないんだ。
カワイコちゃん見るのは好きだよ。
でも、それらについての会話の展開が全く受け入れられない。
だから相談員と話すとか、洋物の匂い嗅ぐとか、卒倒しそうになる。
野暮な僕にも選択していることや、理屈はあり、
例えば肌は贅沢させるな!とかね・笑。
色々塗りたくるより、男性用スクラブをナイロンタワシにつけてこすったほうが、
ピッカピカ、ツッルツルになりますよんと信じてるとか。
誰も信じないだろうけど、個人的には事実です。
万が一つっぱる時には、薬用ハンドクリーム(ユースキンが一番)塗っとけば完璧。

この洗顔方法を伝授してくれたのは、大学時代の同級生で
先日FBで彼女を見つけたのだが、アメリカで日本語教師をやっていて、体型こそ往時とは違えど、肌はペッカペカでした。
きっと、彼の地でもごしごしやってるんだろうなあ。
ナイロンタワシが米国にあるのかは、不明だが。

**


機械探偵クリク・ロボット〔ハヤカワ・ミステリ1837〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)機械探偵クリク・ロボット〔ハヤカワ・ミステリ1837〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2010/06/10)
カミ

商品詳細を見る


いまごろ、クリク・ロボット読了。
内容以上に、カミのイラストの可愛さ満載で、楽しめました。
でも、ポケミスの縦長版型に綺麗にイラスト並べるのは、相当難しいと思う。
編集の人、頭抱えたにちがいない。
クリクが、謎解きを一回は暗号文にして吐き出すところが、
なぜ暗号にせねばならぬのか、博士の遊び心かと、微妙に首をかしげつつ、
この暗号や、諸々のダジャレも、翻訳の時すごーく苦労されてるんだろうなとか。
細々と気にかかったのでありました。

ロボット探偵に備わった、メカ心くすぐる色んな機能が、もう楽しくて。
もっと沢山このシリーズあったらよかったのになあ、とか思いました。



スポンサーサイト

まだむ・さたん «  | BLOG TOP |  » 昔日

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ