2017-05

慌しい

全く本が読めません。
寝る前に枕元に並んだ漫画の山から一冊つかんで、再読しつつ睡魔を待つ。
気づけば二時過ぎてるみたいな。

本当にやりたいことって言葉にしたり口にするのは難しい。
でも締め切りがどんどん迫る。
復刻って口で言うほど決して楽じゃないのだけど
流し込みで終わりじゃなくて、
挿絵の配置や編註や解題や・・・細かい調査が沢山あるから。

随分といい加減な生活態度だけど
根っこにキチキチの調べずにはいられない、変な執着があって
素人ながらにも目指す水準があって
どうしても時間がかかる。
ついでに、体力や能力が明らかに下がっていて
一日の目標見積もりがついつい甘く、必ず時間不足になる。

おかしいなあ、門外漢も甚だしいのに
なんでこんな遠くに来ちゃったんだろうという位置に今います。
でも、苦しいけど楽なんだなあ、楽しいんだなあ。
創作は本当にここと対極の位置にある。

二号制作過程もいろんな発見がありました。
調べれば調べるほど足元の沼は深くなり、もう呼吸もできないほどだ。
そんな酸欠とちょこっと僕の持つ専門知識を使って、面白い本に出来たらいいなと思います。
その専門性がおそらく、ささやかな強みになるかもしれないと
淡い期待を持ちつつ、あと一週間頑張ります。

巷間に蠢く雑多な、ありきたりの、腐乱とも知らず腐り果てるノイズから、
僕を守ってくれる小さな作業に没頭しようと思います。

そういえば、「未来のイブ」の講義を受けたとき
セリアン様が人間の恋人をそういう美だけをもつ凡俗とみていたことを思い出しました。
スポンサーサイト

さみしい博物学 «  | BLOG TOP |  » あたたかいもの

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ