2017-10

ロチェスター様

珍しく12時前に布団に入ったのに、
階段の下から先日実家から持ち帰った本の山を掴んでしまい。

懐かしいなあ、大好きだったなあ中学生の時。
と思って読み始めたら、、、結局三時半まで掛かって読み切ってしまった。
ハーレクインの王道技を総て併せ持つ、鉄壁のロマンス、「ジェーン・エア」。

身分違いの恋も、ゴシック的恐怖も、一度うまくいってから落として、はっぴいえんどな所も。
王道だ。
ジェーンも、ロチェスター様も、どちらかといえば醜女醜男のカテゴリーというところが、
むしろハーレクインから外れるところかしらん。
ジェーンのキリッとしたところと、内省と、ロチェスター様のちょっとずつ愉しむ美食家的な鞘当が、やはりいいんだなあ。

中学生の時は、ロチェスター様すごーく大人に見えていたけど、
いまや、三十代後半でも年下の男性になってしまったのである。
そう、行動の筋道をロチェスター様側からみると、結構カワイイ人だなと思ってしまった。
あと、屋根裏の狂女が、記憶よりも恐ろしかったね。
よくこんな状態になっても、最後は命を救ってやろうと、ロ様は走るんだーと。
改めてロ様に惚れ直しました。


ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1)ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1)
(1957/04/26)
シャーロット・ブロンテ

商品詳細を見る


スポンサーサイト

茘枝 «  | BLOG TOP |  » 専門用語

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ