2017-09

暴力

『プレゼントって暴力だから あげるのも もらうのも 僕は苦手だな』
 -ぼくだけが知っている/吉野朔実

降誕祭の日、数年来音信を絶っていた知人から
前触れもなく、プレゼントが送られてきた。
板チョコ一枚だったが、中身の如何にかかわらず、
かなりの衝撃と当惑を味わった。

元々音信が絶えたのも
僕が頻繁に送られてくる手紙に対して
百分の一も返信しなかったことに由来する。

一度も、もうやめてくださいとは云わなかったが
無言が、無視となり拒絶となっていたはずだ。

それが再来した。

底意の知れない、恐ろしい暴力に思えた。

だから、再び沈黙を守った。

だが、振り返れば
僕も何度も親しいからといって、同じ暴力を振るわなかったといえるだろうか。
悦びを強要しなかったといえるだろうか。

恐ろしいものである。
スポンサーサイト

寧ろ «  | BLOG TOP |  » 無の意味

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ