2017-08

のんびり

ここのところのんびり生活を送っています。

最近のヒットは河出文庫の「文豪ミステリー傑作選第二集」でありました。
ピカイチは、岡本綺堂で、近々「青蛙堂鬼談」の入手を目論んでいます。
この本、なぜか開化ものといいますか、明治の横浜を舞台にしたいい味わいのミステリーがてんこもり。
そして、絹子がわくわくしたのは、非常にエスエムちっくな話が多かった。
発表年代の問題なのかな。むむむ。

例えば。
海音寺潮五郎の「半蔀女」は平安を舞台にした、男が深夜にふらりと引き込まれた家には美女がいて、ある日気づくとそこは荒れ野と化しているといういわゆる物の怪譚風味な始まりなのですが。
実は美女は幽霊ではなく、のちに主人公の出世を阻んだ男の北の方であり、盗賊団の女首領であったという、ものすごいひねりの利いた話なのですけど。
女も男に未練があって、私は実は盗賊を率いるようなひどい女だけど、それでも私を好きなの?と愛情を推し量るために、男を機に縛り付けて、背中をばしばし打つ。
傷ができたら治るまで優しく看病してやって、治ったらもっときつくいたぶる。
このエピソードが、本当に必要なのか分からないんですけど、絹子さんは色めき立ちました。


さてさて、そんなのんびりな毎日。
今日は誕生日に一番近いお休みということで、たくさん楽しいお祝いをして貰いました。
目覚めたときびっくりのプレゼント攻撃(いつもパソコンのキーボードの上に置いておく)は絹子の十八番でしたが、今回はこちらのパソコンの前にカードとプレゼントが置いてありました。
ハンズで欲しいと叫んだ、あの飛行機セットがやって来たんだよ。
ピンセット片手に組み立てるのが楽しみ楽しみ。

それからゆっくりと自転車に跨ってお弁当を買いに行きました。
升本というそこのお弁当は、二度医局の薬説明会でプロパーさんが持ってきてくれたお店のもので。
一度目で、余りの旨さに、白木の箱だけ持って帰っていて。
先日ノロ二号に襲われた週に二度目の升本弁当が出たので、持って帰ってP氏に食べて貰ったら、美味い美味いの号泣で。
嬉しいことに、升本は亀戸駅に出店しているので、今日こそは!と思って買いに行ったのですが、お昼過ぎに完売。
泣く泣く、かき揚げや卵焼きや煮物といったお総菜を買って自転車でさらに東へ。
小松川千本桜の下でお花見です。

バーベキューもレジャーシートもないけど。
缶ビールと缶チューハイとお総菜と桜吹雪で満腹満腹。
浮かれて芝生で寝ころんでいたら、昨晩の雨の湿気が背中に伝わりましたが、二人で自転車を走らせていると、道を間違えてわーっと叫んでいても楽しい限りです。

夜は、昨晩の豆ご飯の残りや、升本総菜の残りで、また一献。
なぜか、驚きの(絹子自身はこの岩波文庫三冊本を読んでいないので、その驚きが分かりませんが)『トリストラムシャンディの生涯と意見』という映画がシネフィルイマジカで流れているのを横目で見てニンマリしておりました。

そうそう、BBTVは今月からミステリチャンネルが仲間に入って、まあ大変です。
ポアロを毎晩観られるなんて!
新ルパンの冒険ってどんなだろ。
小学生の頃は、ルパン(勿論、怪盗紳士のほうさ)に攫われることばかり夢見ていたので、品質高いイギリスTV版に期待大です。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quinutax.blog35.fc2.com/tb.php/47-7bee0374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第三回 ズンドコ杯争奪 読んでみやがれ!感想文の会 «  | BLOG TOP |  » ワクワクワクワク!

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ