2017-06

過去形のなぞ

酵母発酵と並行して、
夏の爽やかフルーツブランデー仕込み始めました。
たまたまsuntory VO のレシピサイト見たおかげなんですが。
レモン、グレープフルーツ、いちご…なんとトマトまでいけるらしい。

ちょうどVOが家にストックされていたので
今日は手始めに、レモンを一個漬けてみました。
外の黄色い皮と果肉の間の白い鞘の部分は苦味の原因になるので、取り除けとな。
さらに、苦味が出ないよう、MAX一週間で引き上げろとな。
とりあえず、今回はレシピ通りにやってみます。

酒は毎晩飲んでる位大好きで、なんでも飲めますが、個人的には甘い酒は好みではない。
マッコリとカルアミルクと甘いカクテルはダメなんだ。
なので、もしかしたら、苦味が出る方が吉になる可能性もあり。
ブランデー自体もともと甘いからねえ。

まあ、すぐに出来るので、週末仕上がりを楽しみにしておきます。

***

三ヶ月目突入したルースキー・イジーク。
語形変化激しく、はふはふしながらラジオ講座に随行中。

しんどいけど、面白いです。
これが何よりかなとも思う。

現在のところ、個人的、音感の好きな単語ベスト3。

очки アチキ 眼鏡
「あちきは籠の鳥でありんした」と眼鏡かけた鬼奴を思い浮かべるべし。

сказка スカースカ 昔話
脱力感満点。

учу ウチュー 勉強するучитьウチーチの一人称単数現在形
Я учу. ヤウチュー で「ぼく勉強してるよ」ってなる。
一人称単数現在形は、規則変化だとюユで終わるので、発音が可愛い。
помнюポームニュ(覚えている)とか、愛着わくわあ。

**

元々語学は、文法が一番好き。
必ず例外がある、不規則変化があるとはいえ、いかに体系立てるかということを先人が、特にその言語を母国語としない人が頭脳を駆使した結果、みたいなものを眺めるのが楽しい。
これだけじゃ、奥には進めないと分かっていても、システマチックなものは美しいから。

英語やほんの少し齧った、独仏西語なんかと比べてみると、似てることも沢山あるけど、全然違うこともあって新鮮かつ悩ましい。

be動詞的なもの(=を表す場合ときのみ、存在するという意味では別に動詞あり)なし
冠詞/定冠詞なし→だから名詞の語尾も変化しまくる
語順割りにフリーっぽい(ほんとは何やら複雑なルールが存在する模様)→単語の意味が分からないとSVOC決めづらい

で、6月に入って過去形が出たのですが、そこでうわっと驚く。
現在形は、人称と複数単数で六種語尾変化していたのですが、これは割合今まで経験した感じと同じ。
英語で三人称単数に-sつけてたのを代表として。

が、過去形は人称に依存しなーい!
名詞に性があるのは、よくあることですが
主語が、男性形/女性形/中性形/複数のいずれであるかによって語尾変化する。
これは主語が普通名詞じゃなくて、君、僕レベルでも、変わるってことなんですよ。
うおーっ。
なんか、感覚的に受け入れ難し。

だから、「私は昨日テレビを見た」という文でも
「私」が男か女かで違う文になる。

男性の場合
Вчера я смотрел телевизор.
フチらー ヤー スマトりェール チリヴィーザる
 
女性の場合
Вчера я смотрела телевизор.
フチらー ヤー スマトりェーラ チリヴィーザる

ここで、困って来るのは。
目の前にいる相手が男か女か不明で、過去形で尋ねたい時、どうしたらいいのか!
という素朴な疑問。
あるいは、明らかに女装している男性とか・笑。

こんな状況を考えるのも変ですが
解決したら、また書きます。

ちなみに、この「見る」という単語、不定形はсмотретьスマトリーチですが、
現在形語幹はアクセント前に移動して(一人称単数を除く)スモートリ~となる。
これを僕は「テレビ画面に映る力士を見つめる」という関連画像で、覚えました。
スモートリ!
スポンサーサイト

いちじくの鐘 «  | BLOG TOP |  » J/Gの日記より2

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ