2017-09

雑居ビル

ほんとは劇的に面白かった「新ナポレオン奇譚」の感想が書きたいのだが、なにしろ忙しすぎてヘロヘロで頭が回らない。
とりあえず一言二言、チェスタントン万歳!これアニメにしてよジブリ!

自分が徹底的に上から目線人間なので凹む毎日ですが、
いつも疑問なのは、何にも考えてない有象無象に囲まれていると思う瞬間と
なんて自分は阿呆なのだと思う瞬間の
ナイアガラ瀑布的落差はどこから来るのかということ。
同じくらいウネウネ思考は連日連夜してはいるけど、同じくらい実は結論導けてない、ロクな喋りもできない人は、何処にいるのかということで。
うーん、何処にいるんでしょう。
同じ背の高さのドングリちゃんと逢いたい。

今日、赤坂と四谷の間の超高級なオフィスにバイトで行ったんです。
ロビーは自動改札機みたいになってセキュリティーガチガチで入り方も不明で
いざオフィスについたらかしこまった美人受付嬢、
でも実際に遭った人はチャライお兄さんと中国の人でした。
お菓子がみんな輸入物でまずくてびっくりで。
こんな近未来高級感バリバリなのに、待遇が悪くてびっくりで、
ホワイトボードに書かれた内容がスキャンされて印刷されてびっくり。

疲れるね、こういう気どったアンバランスが。
僕は雑居ビルのボロボロオフィスがいいです。
昔レコード屋巡りしてる時、がくがくの雑居ビルだと妙な安心感があった。
一方、マンションの一室系のレコード屋の緊張感といったら。
ロビーでコールして開けてもらって入って、いざさくさくしたら、そこはハウス系専門だった!買うものないのに、でもわざわざ開けてもらって、さてどうやって逃げる?みたいなの、一番困る。
古本屋も、オールパラ包みで、背も見えないし触るのも怖い店、やめてほしい。
箱から抜けないし、抜けても戻そうとしたらパラ破れそうなの、ガクブルです。

ああ、雑居ビルは当然
便座も暖かくなくていいです。

この間、便座ヒーターのコンセント全部抜いておいたら、
お掃除の人の仕業(一応節電で使用不可の張り紙あり)にされてて、申し訳なかった。
根っこから、贅沢というか自分にとっての過剰さが嫌いなの。
何万円もする手袋持ってて、ほつれても自分で直せないで大騒ぎする価値観とか、手に負えないの。
賞味期限とかカロリーに躍起になるの、ノイズでしかないの。
なんていうか。
自分もカテゴリ女子ですが、
もう女子のつまらない神経過敏についていけない。

次に読んでるチェスタトン著作集の第九巻「正気と狂気の間で」で、ずっと「資本主義」という言葉の定義を探ってるんだけど。
そもそも、同じ言葉を使っても同じ意味にならないのが辛いっていうのが、最初に納得したの。
同じ俎上に乗らなきゃ、論議不能。

それと同じことが、毎日繰り返される。
「綺麗」ってそれぞれが云う。
でも、僕の「綺麗」は絶対に、違う意味なんだなあって、毎日思う。
違う言語背景を持った人たちと、圧倒的な時間ともにすごさなければならないのって
それが社会のルールってもので、
違うよ違うよって泣く人が、すわ「変人」「無愛想」になってゆくのだと思う。

日本語も日本の色んな物も好きだけど
でも、もうほんとに今の日本って狂人には、しんどすぎる。
やっぱり本の中にしかドングリちゃんはいないのだと、
せめて本の中にはドングリちゃんがいて、心を開かせてくれるのだと思えば
少し安らかに眠れる気がする。
スポンサーサイト

まあいっか «  | BLOG TOP |  » あんちくらいすと

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ