2017-10

喋れども喋れども

No one hurts me,
so I have no rights to hurt anyone.
However, I break you everytime.
Day by day the result turns over, and it tears me.

These notion and mention come to me again like a conventional testament
by reading any books and listening to any music, and moreover your voice.

I wish I don't use the subjunctive mood.
I wish I would be lenient forward everyone.

スポンサーサイト

なにをつぶやいても «  | BLOG TOP |  » 暗殺の森

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ