2017-07

最近

色んなことがあったなあと思うし
なにもなかったなあとも思うし。
ただただ毎日が忙しい。
そういう「やること多すぎ、やりたいこと山盛り」なのが性に合っているようです。

ここのところ、twitterで二三回呟くとぐったりしてしまいますが、
その分twitterとはいえ、個人的にはつまらないことは、呟かないぞ!を主義にしているので
むしろこの限られた文字数の中に、如何にぎゅうぎゅう押し込められるか
という挑戦をしているような気もします。

いろんな考え方がありますよね、何に対しても。
でも「つまらないことはしたくないし、つまらないものは見たくない」
これが僕の信条です。
なので、発信経路は現在少し横にずれましたが、いつでも何か発信できるように頑張りたいので。
そう、昨年のウツ期にはその意味に最大の懐疑を抱いていたので
何もできなくなったのですが。
今年は、必ずどこかで何かを毎日、アホみたいでもオモロイことをやっていたいと思います。

ま、適当にそちらも覗いてやってくださいな。

実際には。
仕事があんまりダメダメなので。
いや、首になってもおかしくないぞ的にダメダメなので・苦笑。
その反動で休日は異常に外出しまくる。
武道館でラッセラッセーと叫んで、50年前の映画を観て沢山震えて、
次から次へといろんな場所に足を運んで、ついでに人間観察したり。

うん、僕のプチバイトは。
人生の中で絶対に知りあわないような人と話をしたりすることだったりします。
数年、某医院の受付だった頃、似たような体験をして。
(お客様と店側という、ある種の主従関係があるのが今回と違いますが)
あれ、僕って絶対臨床に出たくないから、実験室に入ったのに、
意外と大丈夫だったのかとも思ったのですが。
今回も大丈夫で、よく考えれば、イチゲンさんは大丈夫なのだと。

初回はサービスしますよの世界。
多分、二回以上会うと慣れてくると、引き籠るのでしょうな。

***

もはや昨今、版権切れた作家の本しか読みません病な絹山ですが。
なんか、自分の人生で一番大事な作家が決まった気がする。
チボー家のデュガールか?
いや、いや、そうは言いません。

トーマス・マンだなと。
もうこれしかないなと。
ちなみに、日本人作家は…決めかねます、というかまだ出会えていないのかもしれません。
候補はいたけど、安吾、倉橋由美子、高橋和己、小沼丹…でもまだだわ。
まだ読んだ後、何ヶ月もずーっと自分の水面が細かく震え続けるような人は、マン以外にはいないもの。

よって次回の【忘れられた名作劇場】は
「ブッテンブローグ家」か「楡家の人々」(マン繋がりで北杜夫)にしようと思います。
でも両方手元に現在ないのであります。
スポンサーサイト

わからないことだらけ «  | BLOG TOP |  » go on the way

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ