2017-05

go on the way

一日三往復メールのやり取り。
親切だけど、店長のメールは非常に無駄がない。
確かに、日本語の手紙って無駄にも思える挨拶やら何やら多いよね。

それ、とっても欲しいけど、支払いどうしたらいいんすか?
(カートがあれば、決済画面に飛べるのだけど、今回それないんだけど)
→前回の注文の決済に上乗せするよ。

あ、そういうもの?
そういうことできるんだ、ふーん。
いや、なんか怖いよね。
来月の決済請求もう出てたけど、そういうことって、悪用されないの…。
と思ったが、店長にこれ以上突っ込むのを留まる。

じゃ、じゃ、じゃあ(まさに内心どもりつつ)その方法で支払いお願いします。
到着ちょー楽しみにしてます!
→もう送ったよ! The magagine goes on the way.(本文この一文のみ)

え、そうなの?
早っっっ。
って、多分、go on the wayってそういう意味だよね。。。
うん、待ちます。
多分そういうことだと思いたい。

素氏のいうようにネイティブでない者同士がお互い綴りミス頻発しながら、綱渡り。
でも、本当に嬉しかったんだよ。

実はドイツアマゾンで同じ6号見付けていたのだけど、一冊30ユーロだったので躊躇していたのでした。
価格もそうだけど、ドイツ語サイトでぽちっとするのは、余りにも敷居が高かった。
店長の提示額は30CHF。
そうこうしているうちに、日々ユーロもスイスフランも正月よりじりじり上がってゆくのでありました。
色々細かくドキドキの毎日。
スポンサーサイト

最近 «  | BLOG TOP |  » てんちょおおお(再)

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ