2017-05

あついよさむいよ

月曜水曜激しく知恵下る。
駅から泣きそうになりながら家に帰る。
吐き気もすごかった。

木曜夜、気温だけじゃない異常な寒さを感じ、毛布を引っ張り出す。
金曜朝、すごーく具合が悪いが、体温はまだ36.8。
仕方なくよれよれで出勤。
どんどん具合が悪くなる。
二時間待ちのマイトマイシン処理を始めてしまう。
お弁当が気持ち悪くて食べられない。
机でうつ伏せたままでも我慢が出来ず、踊り場においてあるソファに倒れこむ。
タイマーが鳴る。
どう考えても、発熱。
ふらふらのまま、細胞ちゃんをいじる。

あー、風邪を引いているときって、どんなにマスクしたりしても、
コンタミするんだよ、実験失敗するんだよ。
という嫌な格言が頭をよぎるが、なんとか細胞数を整えて播いたり、凍結したり。
みんながこれから同僚ちゃんのお誕生会をやるからケーキ食べようと云われるが
もう無理ざんす。

朦朧と日差しをあびてバスを待ち、電車に乗って帰る。
西日が脳天に突き刺さる。
荷物をおいて、チャリにのり、よろよろで病院へ。

この肝臓の専門医の資格をもつドクターはいつもゆるすぎるのだが。
今回も知恵くだりは、発熱とは何も関係ないねえと言い放ち。
喉の奥をみて、リンパ腺さわったら、処方箋だして終わり。
こんなんで、350点も保険点数取るんじゃねえ。
と思いながらも、薬貰って帰る。
眠って、眠って、合間になぜか貸本漫画の隠れた名作、陽気幽平の復刻版三冊を読み、
夢ともウツツともつかぬ世界の端っこのことを考え、
熱い寒い熱い寒いを繰りかえし、毛布の上にさらに布団を重ね、震え上がる。

そして、今夜、まだ38度あるけど、シャワーを浴び。
同僚ちゃんが40度あるのに、入浴したら、いくら暖めても寒かったという、
恐ろしい体感温度体験を、微妙に実感し。
現在、アドマチック天国から美の巨人を横目にみつつ、大汗かいてます。
だくだくに汗が流れて怖い。

これで、なんとか熱が下がってくれないかなー。
そうじゃないと、俺の三連休が水泡に帰すのですけど。
明日は出勤しないといけないのですけど。
スポンサーサイト

タヌキの嗅ぐ山 «  | BLOG TOP |  » 行間つなぐ

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ