2017-05

体育会系整骨院とか

お久しぶりです。

えー、二週間前、水上に一泊温泉旅行にいきまして。
すごーく楽しかったのですが、どうも温泉につかりすぎたらしく。
何しろ秘湯の混浴と家族風呂を夕方楽しんだ後、満腹ぱんぱんの夕飯を摂り、さらに内風呂と女性専用露天風呂で、満天の星空をひとりきりで楽しんだものですから。
あー、オリオン座が、手を伸ばせば届きそうって、素敵!

ぐうぐう眠り込む素氏を蹴飛ばし、星見に行こうよと誘ったのに。
まあそんなこんなは、既に素氏が日記に書いてくれたのでよしとし。
どうやらタヌキのお宿で、タヌキ自身が湯あたりしたと判明したのは帰宅後。

首が、痛くて痛くて、、死ぬ。
あんまり痛いので揉んでもらったら、どうも炎症を悪化させたらしく、激痛でもげそう。
そして、同時にウツがかつてないほど一気に加速。

目覚めたときのたとえようのない絶望感。
午前中は仕事にも向かえず。
出勤したら、溢れそうな独り言を抑えるのにマスクをし。
嫌人症も音速でびゅんびゅん増して、もう誰とも喋れない。。。。
救いは、僕の仕事が、人と話さなくてもなんとか許されるということだけ。
翌日から、早寝して五時起きなどして、なんとか出勤しようとするも、着替えられず。
とそんなことを繰り返しながら毎日少しずつ正規の時間に家を出る。
首の痛みが治まって、肩甲骨に痛み移動。

ウツが少し上向きかけ、世は五輪波の応酬。
お祭り騒ぎが怖くて、特に金曜の昼(わかりますね、日本中が一番沸いた時間)、別の階に避難。
したはずが、、、そこでもワンセグで盛り上がっていた。
なんとか耐えて深呼吸。
そして夕方、行ってみました。
人生初の整骨院。
なにしろ職場から最寄り駅までに、6軒もあるのですよ、整体と整骨が。
歯医者の選別方法は知っていても、こちらは不明なので、えいやと適当に飛び込む。

そうしたら、当然かもしれませんが、めっちゃ体育会系のノリで、、、
ドン引きより以前に笑ってしまった。
来院者があるたびに
「○○さん、こんばんは~」「こんばんは!」
「◎番ベッドメイクできました、低周波入ります」「入ります!」
スタッフ全員の大合唱!掛け声掛け声の津波!
ここは居酒屋か!
内心、「よろこんで~」と叫んでいた。
まあ、夕方は特に中高生が患者になってることが多いからかもしれんが。

しかし、患者の数が半端じゃない。
保険請求の制限があるにしても、この回転率は驚愕です。
加えて、院長が聖徳太子並の耳のよさなんだ。
誰かと話していても、別のスタッフの動きを見ながら指示だし、別の患者を移動させ、さらに別の患者が帰る姿に声をかけ、さらにさらに別の患者の質問に間髪いれず答える。
僕、片耳きこえないせいもあって。
このスピードについていけませんでした、まったく。

で、金曜土曜と連続で通ったせいか、随分と痛みは緩和。
このまま、体のゆがみとか猫背とかも治していけると、もう少し前向きになれるかな。
心は、まだ病院までいかなくてもなんとかなるでしょう。
と思いたい。
昔、身内で二人通院していたので、薬でふらふらになっていたのみてるので。
簡単には踏み出せないです。


さ、そろそろの復活のステップアップとして。
今年から手帳を作りました。
勿論、本購入手帳です。
できるだけ買わないように心がけているのですが、1、2月で55冊!
嗚呼、おかしいなあ。
ちなみに、我が家の家計はエンゲルとホンゲル係数でほとんどを占めます。

ということで、購入本リストを記録しておきます。
◎は新品、無印は古書

1月
一般書

「ものと人間の文化史 さいころ」 増川宏一 法大出版
「ものと人間の文化史 すごろく1、2」 増川宏一 法大出版
「今純三・和次郎とエッチング作家協会」 松濤美術館
「宿命の道化たち」 CA・リー ありな書房
「camera 1974.11 ロバート・ドマシー」
「私の小さな本」 桑山弥三郎 桑山書体デザイン室
「どぜう地獄」 岡本一平 大日本雄弁会
「美術手帖 1981.7 現代の人形たち」
「新世界へ―鎖国日本からはみ出た栄寿丸の十三人」 佐野芳和 法大出版
「ブルータス 2003.12 切手デザインなめんなよ」
「さすらいの青春」 フルニエ 旺文社文庫
「二つの庭」 宮本百合子 新潮文庫
「サンカの真実 三角寛の虚構」 筒井功 文春新書
「自殺クラブ」 スティーブンソン 福武文庫
◎「切手帖とピンセット 1960年代グラフィック切手蒐集の愉しみ」 加藤郁美 国書刊行会

漫画

◎「恐怖の爪」 陽気幽平 グッピー書林
◎「首帰える」 陽気幽平 グッピー書林
◎「ケケカカ物語トリ小僧」 陽気幽平 グッピー書林
◎「地蔵娘・墓場鬼太郎・畜生塚・死霊の手」 竹内寛行 グッピー書林

2月
一般書

「SAMURAI AQUIRAX」 宇野亜喜良 愛育社
「ものと人間の文化史 機械」 吉田光邦 法大出版
「ものと人間の文化史 鋏」 岡本誠之 法大出版
「白衣の女 上中下」 W・コリンズ 岩波文庫
「伸子 上下」 宮本百合子 岩波文庫
「ムナーリの機械」 ブルーノ・ムナーリ 河出書房新社
「科学画報」 大正13.11,14.10 新光社
「科学知識」 大正15.8,14.3,14.1,13.4,昭和5.11 科学知識普及会
「蒼ざめた馬」 ロープシン 現代思潮
「なつかしい本の話」 江藤淳 新潮
「現代アフリカ短編集 1-3」土屋哲編 鷹書房
「彷書月刊20001.8 植草甚一の時間」 弘隆社

◎「デザインとヴィジュアルコミュニケーション」 ブルーノ・ムナーリ みすず
◎「アグネブーシカ1、2」 カスチョールの会(露児童文学翻訳)
◎「カスチョール27」 カスチョールの会
◎「ロシア絵本の世界 お話の国境を越えて」 岩本憲子 東洋書店
◎「日本の民家」 今和次郎 岩波文庫
◎「新版大東京案内 上下」 今和次郎 筑摩学芸文庫
◎「SUMUS13 まるごと一冊晶文社特集」 みずのわ出版

漫画
◎「いばら・ら・ららばい」 雁須磨子 講談社
◎「卒業生・冬」 中村明日美子 茜新社
◎「卒業生・春」 中村明日美子 茜新社
◎「ノケモノと花嫁」 中村明日美子 インデックス
◎「坂の上の魔法使い」 明治カナ子 大洋図書
スポンサーサイト

夢を食う男、食われる男 «  | BLOG TOP |  » ロールシャッハとケルネル

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ