2017-07

巣食うもの

中途な日記のつながりになって、歯がゆいのだけど。
明晩から任務や休日出勤が続くので、頭の整理のために、メモを残しておきます。

「二つの庭」には、多数の実在の人物と繋がる登場人物が出ます。
それらを推し量ることは、いわばゴシップ記事の重箱の隅を突く行為であり、
まさしく人の心に巣食う醜さを見抜くエピソードが、芥川自死後の伸子の周囲でも翩々と綴られているので
余計にメモを残すこと自体、気が引けるのです。
森茉莉もまた、同様に変名を用いて実在の人物を描いたエッセイを書いていますが、
彼女の場合、山田 珠樹の周囲にいた仏文学者(辰野隆など)への呪詛や、
室生犀星への親愛など、毒たっぷりながらもユーモラスに描いているので、
同じ変名といえども、一種クイズのように安易に誰なのか探していいような気がしたのですけど。
宮本百合子の場合、それがなかなか許されない気がしてしまうのは、僕だけでしょうか。

でも、メモということで。
自信がないのは、?マークつけています。
まだ読了していないので(苦笑)、追加ありということで。

佐々 伸子 : 宮本(中條) 百合子
佐々 泰造(父) : 中條 精一郎
佐々 多計代(母) : 中條 葭江
佃 (前夫) : 荒木 茂
佐々 和一郎(弟) :
佐々 保(弟) : 中條 英男
佐々 つや子(妹) : 中條 寿江子
越智 (家庭教師) :

吉見 素子 : 湯浅 芳子
竹村 英三 :
楢崎 佐保子 : 野上 彌生子
相川 良之介 : 芥川 龍之介
小坂 村夫 : 小林 秀雄?
早川 閑次郎 : 吉川 幸次郎 
松江 喬吉 : 吉江 喬松
小川 豊助 : 山内 封介
佐内 満 : 小山内 薫
秋山 宇一 : 秋田 雨雀
瀬川 誠夫 : 米川 正夫
尾田    : 尾瀬 敬止
登坂    : 昇 曙夢
久池 浩 : 菊池 寛
久留 雅夫 : 久米 正雄
武島 裕吉 : 有島 武郎
稲田 信一 :
遠藤 絢子 : 小森 和子?
浅原 蕗子 :
大島 のり子 : 円地 文子?
豊田 淳 : 小山内 薫?
沼辺 耕三 :
北条 一雄 : 北 一輝
篠原 蔵人 : 蔵原 惟人
河野 ウメ子 : 網野 菊
須田 猶吉 : 志賀 直哉
木下 徹 : 山本 実彦
村田 寿子 : 田村 俊子
藤堂 駿平 : 後藤 新平
砂場 嘉訓 : 石橋 和訓

ヒント
Q竹村英三:湯浅 芳子と早稲田時代の上級生、露文学者、駒沢で温室付家屋に独り住まい、離婚してほどない、花卉栽培を副業でおこなう。候補:横田 瑞穂、中山省三郎、宮坂好安(谷耕平)、上田進(尾崎義一)?

Q早川 閑次郎:評論家、1925or26年の「中国の夕べ」(中国人留学生を囲んだ茶話会)で女性蔑視の講演を行い、留学生から顰蹙を買う、芥川の自殺について、死の翌日、社会的文学的にも意味のある死ではないと発表。

Q松江 喬吉:仏文学者、小牧近江のバルビュス「クラルテ」翻訳出版記念会で、翻訳は女性向きのものだから、百合子にも是非やってもらいたいとスピーチ。

Q登坂:露文学者、小山内薫など四名が国賓扱いで招待されたロシア革命十周年のソ連の記念祭に招待されなかった、最も招待されるべき露文の功労者
 
Q砂場 嘉訓:山陰出身、元日本画家志望、英国に約20年留学、ロイヤルアカデミー会員、洋画家、帰国後上流階級専門の肖像画家となる。

Q豊田 淳:漱石門下、日本古典、演劇に精通。野上弥生子と親交が深い。

Q大島 のり子:父は大学教授、哲学科に在籍し卒業真近、豊田淳(仮名)の聴講生となり、不倫関係?豊田の子を宿す。

Q藤堂 駿平:政治家、男爵、鼻眼鏡、黒リボン、くさび形の顎髯。カラハン来日時の日本代表、百合子たちのソ連行きのビザ発行の後ろ盾となる。父精一郎の友人。麻布の天文台側の洋館に住む。

1/30 素氏より指摘を受け修正・追加。
2/2 4名判明追加
スポンサーサイト

眼鏡文人の強い味方 «  | BLOG TOP |  » 俄然として

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ