2017-05

ヘリオガバルスの呪い

ライチ☆光クラブ ライチ☆光クラブ
古屋 兎丸、東京グランギニョル「ライチ光クラブ」 他 (2006/06)
太田出版
この商品の詳細を見る


はじめまして。散々満ちるです。
絹子は月末まで黄泉くだりをはじめたので、しばらくは隣家に住む僕が、気だるい雰囲気を壊していきたいと思ってる。

えー絹子に誘われて、昨年末はすっかり法水漬けになっていたけど、今回はあのズンドコ探偵・ノリピーの話ではない。
もうひとりの法水について。(多分、寒くなる頃には、二人して虫ちゃんの熱帯探検へと足を踏み入れているはず)
とはいえ、絹子も僕も、彼のことは名前くらいしか知らなかったし、どちらかといえば、その周辺事項から攻めつつ、ここに「今頃」辿り着いてしまった、遠く煙も見えなくなった機関車の黒い影を追う破目に陥りそうな予感。

それで、いつもいつもこのブログに提出する感想文の本は、「no image」攻撃に遭ってしょうがないと、彼女は嘆くのだけど、「それなら超新刊本とか、メジャーな本の感想でもかけばいいじゃないの」と返すと、「そんな本はめったに読まない。古本屋しかもういかないもん」とむくれて帰ってしまう。
僕は基本的には家から一歩も出ないので、意地悪な絹子しか友達がいないことになってるけど、たまに夜中の三時頃散歩に出ていたりする。
昨日、ちょっと夜中の本屋を覗いたら、うわーっとなって、午前四時、しとしと雨の中、絹子の部屋の窓に石をぶつけていたというわけ。

あの二人して追いかけてやまない丸尾末広が所属していた、東京グランギニョル。
そして、学ランと眼帯と同性愛と血みどろといえば、もう一人われらが追いかけてやまない、長田ノオトの世界。
これはその劇団・東京グランギニョル(飴屋法水主宰)の伝説の第三公演「ライチ☆光クラブ」の奇跡的な漫画化。

小学生三人が廃墟の秘密基地として始めた光クラブは、いつしか新たな独裁者の出現によって、早熟の秘密結社と化していた。
規律を乱すものへの過酷な制裁。そしてシンボルであり下僕である「ライチ」という名の人工体(これを嶋田久作が怪演したらしい)、ライチが捕まえてきた美少女・カノン。
二人の恋が清らかなればなるほど、光クラブの狂気や暴力が余計に際立って、美しすぎる。

絹子とふたり、頭をつき合わせて、頁を捲りながら、どきどきしていた。何も口に出さなくても、僕たちはちゃんと知っている。
暴力の美しさを。
だから、前に薦められて読んだ、ガルシア・マルケスの「族長の秋」を返すときに、僕は呟いたんだもの。
僕らにとって、暴力と腐乱はなんでこんなに甘く芳しいのだろうってね。

この公演が行われたとき、絹子は13歳だったらしい。
そして驚くなかれ、主宰の飴屋氏は17歳で劇団を起こしている。
だから、この話の中で独裁者を独占するために影の独裁者となった、凄まじく美しい少年・ジャイボ(飴屋氏の役どころ・まさにヘリオガバルスは彼にこそふさわしい)が、声変わりと発髯を嘆くとき、あらかじめ壊されるべき世界は、真っ赤な真っ赤な血しぶきで覆ってこそ美しいのだと思った。
石井隆の「魔樂」(ペヨトル工房)の凄まじさにも通じているな。

そういえば、絹子がひとつだけやってみたいコスプレがあって。
昔は真剣に注文にいこうかとか考えていたらしいけど・笑。
それが学ラン制帽だったようだ。
僕がちゃんと「学校」というものに通っていれば、貸してあげられたのにね。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quinutax.blog35.fc2.com/tb.php/23-cbb2bee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕のたからもの «  | BLOG TOP |  » 無の塔(後)

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ