2017-10

ちょっと安心

木曜の夜、漫然と教育テレビの「仕事学」とかいう番組を見ていた。
この年になってもダメダメ社会人の僕は、本来こういう番組は苦手なはず。
でも、少しだけしっくりとくる話が出ていた。

勝間和代さんとかいう人がゲストで、仕事を効率よくする方法として色々挙げていたけど、
僕の印象に残ったのは二点。

ひとつは、「とりあえず仕事」をやらない。
会議や対顧客とのやり取りに備えて、「もしかしたら」突っ込まれるかもしれないから
という理由から、無駄な資料つくりに時間を割いて、本来の仕事をないがしろにするな。
できない上司ほど、そういう「とりあえず仕事」をやれというらしい。
まあ、僕は保険の意味も含めて予備培養とかやったりしていますが、
逆にそれを公にすることで、オペの件数を増やしてしまったのが去年。
今年はそれが嫌なのと、それこそ本来のものが多すぎて、手を出せないでいたら
先日のように、予備つくっておけば。。。という事態にも行き当たり、難しい。

勝間さんがいうように、知らないこと調べていないことは素直に不明を表意して
すぐに調べて返事をすればすむことだというのは、よく分かる。
培養の場合、予備を作れば、それだけコストが発生し、ラボの負担を増やすことにもなるし
相手にいつも予備があると期待させることは、過剰な期待で自分の頸を絞めることにもなるからね。
つまりは、先走っていい子ちゃんになろうとしすぎると、壊れちゃうってことだ。
あと、よく叱られることだけど、素早く手厚いfeedbackをすることで、
「とりあえず」の予備がなくても回避することができるのだろうとも思う。

もう一個は、not to do listを作れと。
すべきことじゃなく、しちゃいけない箇条を掲げろと。
彼女は、煙草を吸わない/酒を飲まない/ゲームしない/ネットサーフィンしない/珈琲飲まない
っていうのを挙げていました。
いわく、同じストレスを発散するにも、依存性の高いもの、将来の自分に悪いことはしないとな。
こっちは、難しい。
というか、あまり従えないけど、自分に律を課するのは大事だとも思う。
そう、しんどーいと倒れて、テレビを漫然と見るくらいなら、本を読め!ということ。
職場の人でテレビ持っていない人が多いのだけど。
それが良い悪いではなく、例えば、最近素氏が夜いないので、
こうして日記を書く時間が取れるようになっているのでもわかるけど、
やはり、時間は自分で生み出さないとどうしようもないのね。

子供の頃、母親に、ちょっとだらだら夜更かししていたら
「勉強しないなら、早く寝ろ!」と口すっぱく叫ばれていた。
あの頃は夜更かしして沢山本を読んだり、自分に向き合っていたから、
別に後悔はないけど、ダラダラテレビだけはやめようと思った次第。

と、僕らしくなく、考えてみましたが。
昨晩は、素氏のお手伝い先の赤坂某所に行ってきました。
平日はしんどいし、かといって土曜の今日も休出だし、日曜はお店休みだし。
今日しかないわな、、、でも、緊張するわな。
新店舗になってから、ひとりで行った事ないから、道順も怪しいわな。
ということで、実は素氏にも先に行くというと自分がまた期待させたことで頸絞めるとわかっていたので、言わずにいました。
モスで夕食とって、向かいの古書店を徘徊し、帰宅。
迷いに迷って、よし!と気合を入れて、半蔵門線に乗ったのでした。

お店につき、ガラス扉の前からちょこっと中をのぞく。
あれ、お客さんいるよー(失礼)、どうしよう、困ったな。
二分ほど逡巡していましたが、ここまで来て巻くにはタヌキの尻尾は大きすぎ。
怯えながら入ったら、素氏と店主さんは、驚いてお迎えしてくれました。
で、閉店まで、緊張を少しずつ緩めながら、ウイスキーいただきました。
店主さんのパートナーさんに初めて逢えて、可愛い方なので、どきどきし、
こっそりカバンに入れていった浅川マキのCDも渡せて、よかったー。
なんだか、たくさんの緊張を抱えていたけど、僕なりに頑張って伺えてよかった夜でした。
スポンサーサイト

やっぱり案山子は案山子 «  | BLOG TOP |  » ませまなる

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ