2017-06

黒焦げPizza@一箱古本市

五月四日。
ちょい曇りの中、ダンボール二箱&カート付ボストンバックをよろよろと引きずりつつ、根津方面へ驀進。
素敵な佇まいの根津教会の前で、長机を貸していただいてLIBRE TONSURE設営開始。

Image1481.jpg

開始10分前になると、獲物に飛び掛ろうとするかのような方達が、うちのポップスタンドに書かれた本について、あれこれ喋ってくださる。
ええ、旧名・絹太さんは、さんざんに同人仲間からディスプレーがなっていないとお叱りを受けてきたので、今回はスタンド二個に増やして、逍遥や眼鏡文人のぶら下げまでやってみました。
絣の赤布も、何度即売会で敷かれたか分かりませぬ。
タモリの坂道入門やブローティガンの愛のゆくえに、予約が入る。
で、使用前(釜入れ前のピザ生地は白かった)の写真。
実は、まだ足元にハードカバーが埋もれているのです。

Image1471.jpg

11時の開始早々。
目玉商品がお嫁(お婿)入りしていきました。
何気に放出した矢川澄子をはじめとする、澁澤周辺本、感慨深いので、どうぞ可愛がってやってください。
清原なつのの「家族八景」がお嫁にいったので、帰宅後「花岡ちゃん」を再読して、涙しました。
ちなみに早川の文庫版は、その後の花岡ちゃん的漫画がついているので、RMCともども手放せません。

素氏は販売の面白さにすっかりのめりこみの様子で、ほとんどスペースから離れずじまい。
そのちょいと離れた隙に、本日初の個人誌が売れて、ちょいと残念風味だったようですが、その後、僕の眼鏡文人ともども、同人誌も勢いがついて、ますます絶好調に楽しんでおりました。
僕は、やや熱射病気味で、何度かふらふらとお買い物に。
とはいえ、たまりにたまった疲労から、往来堂さん付近までしか進むことが出来ず、今回もスタンプラリーをあきらめねばなりませんでした。
やはり、帽子が必須、体力増強必須です。

素氏は、ろりっこ心をいっぱいにするような、素敵なエピソードがあったあようで。
デカビタCで喉を潤しつつ聴く、うれしそうな悪魔の囁きに、僕もニマニマが止まりませんでした。
個人的には、可愛い彼女?を連れた方が、マッカラーズやマードックを指差して色々こちらもやさしい悪魔のささやきをされているのが、なんとも微笑ましく。
内心とはいわず、結構口出し激しく、マッカラーズ最高!と叫んでいました。
でも、海外文学って難しいですね、やっぱり。
古書市の目録にあんまり載らないのもわかりますね。

で、閉店30分前に。
素氏の昔のお友達が現れてくださいました。
いや、お話がディープでおかしかった。
焼け焦げたトンスラ=Pizzaを頭に載せた素氏は一日の日差しですっかり真っ赤になっていました。
帰宅早々、お風呂でのびて。
近くの焼鳥道場で祝杯をあげようとしたんですが、GWでお休みで、大吉というもうパラダイスな居酒屋のカウンターでおっさん気取りで、ビールをぐびっと焼けた喉にもおつかれさーーんと流し込んだのでした。

今朝起きたら、素氏がしのばず便りを見ろ!と叫んでおりまして。
開いて、びっくり。
受賞式に参加できなかったのは、残念でしたが、ほんと、たくさんの方に手に取っていただいたり、本の話を伺ったり出来て嬉しかったです。
根津教会の中も、神戸時代に通っていた教会のことを思い出させてもらう、涼やかな瞬間でした。
教会のみなさん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

谷中の看板猫も、相変わらず気持ちよさげな、お昼寝タイム。
翌二日間は雨で、さがった大気圧とともに、僕もお昼寝三昧させていただきました。

Image1491.jpg

★記録用 お嫁お婿にいった本たち★

☆文庫☆
文豪ディケンズと倒錯の館 新潮
丘の上の出会い アンヌ・フィリップ 福武
ナージャとミエーレ 山口椿 祥伝
美食倶楽部殺人事件 嵯峨島昭 光文
真珠郎 横溝正史 角川
白洲正子自伝 白洲正子 新潮
銀のくじゃく 安房直子 筑摩
風の琴 辻邦生 文春
虫のゐどころ 奥本大三郎 新潮
日本のたくみ 白洲正子 新潮  以上50
ボルジア家 マリオン・ジョンソン 中公
図書館が面白い 紀田順一郎 筑摩
自伝的女流文壇史 吉屋信子 中公
メディチ家の短剣 キャメロン・ウエスト 早川
タイタス・グローン マーヴィン・ピーク 創元推理
死の舞踏 マーヴィン・ピーク 創元推理
いさましいちびのトースター トーマス・ディッシュ 早川
牧神の午後 北杜夫 中公
戦後日本共産党私記 安東仁兵衛 文春
フランチェスコの暗号 上下 イアン・コールドウエゥル 新潮 以上100
地図のたのしみ 堀淳一 河出
人獣怪婚 七北数人編 筑摩
人肉嗜食 七北数人編 筑摩 以上150
スロー・ラーナー トマス・ピンチョン 筑摩 200
明治不可思議堂 横田順彌 筑摩 200
びっくり箱殺人事件 横溝正史 200
わが夢の女 ボンテンペルリ 筑摩 200
奇想小説集 山田風太郎 講談社 200
真景累ヶ淵 三遊亭円朝 岩波 200
幻島ロマンス ゾナ・ゲイル 改造社 200
愛のゆくえ リチャード・ブローティガン 早川 200
シャーロック・ホームズの災難 上下 エラリー・クイーン編 早川 300

☆新書☆
はじめての構造主義 橋爪大三郎 講談社現代 50
ミシェル・フーコー 内田隆三 講談社現代 50
文化人類学への招待 山口昌男 岩波 50
精神鑑定とは何か 福島章 講談社 50
狂い咲く薔薇を君に 竹本健治 光文 50
翻訳夜話 村上春樹・柴田元幸 文春 100
僕の恋、僕の傘 柴田元幸編 角川 100
不思議な建築 下村純一 講談社現代 100
ピープス氏の秘められた日記 臼田昭 100
聖堂騎士団 篠田雄次郎 中公 200

☆漫画☆
家族八景 上下 清原なつの(原作筒井康隆) 角川書店 200

☆単行本その他☆
現代美術コテンパン トム・ウルフ 晶文社 100
松本清張のケルト紀行 松本清張 NHK出版 200
図の劇場 荒俣宏 朝日新聞社 200
多田智満子詩集 多田智満子 思潮社 200
神保町の蟲 池谷伊佐夫 東京書籍 200
ガロアの生涯 インフェルト 日本評論社 200
MODERATO64の変身譚について 松田行正 牛若丸 200
わたしを離さないで カズオ・イシグロ 早川書房 250
タモリのTOKYO坂道美学入門 タモリ 講談社 300
ラスト・オブ・イングランド デレク・ジャーマン フィルムアート社 300
最後の物たちの国で ポール・オースター 白水社 300
「アフリカの女王」とわたし キャサリン・ヘップバーン 文藝春秋 300
幻想の風景 トニー・デュヴェール 白水社 300
下町交狂曲 益田喜頓 毎日新聞社 300
日本し美し 前川佐美雄 青木書店 300カバー欠
臨床医学の誕生 ミッシェル・フーコー みすず書房 300
栄光の残像 廃墟写真集 倉橋健一 澪標 300
おにいちゃん―回想の澁澤龍彦 矢川澄子 筑摩書房 400
綺譚庭園―澁澤龍彦のいる風景 出口裕弘 河出書房新社 400
澁澤さん家で午後五時にお茶を 種村季弘 河出書房新社 400
さあ、気ちがいになりなさい 異色作家短編集7 ブラウン 早川書房 400
チャタトン偽書 ピーター・アクロイド 文藝春秋 →古本わらしべ長者へ
名探偵WHO'S WHO 日影丈吉 朝日新聞社 500
花森安治の編集室 唐澤平吉 晶文社 500
世紀末芸術 高階秀爾 紀伊国屋書店 500
十五歳の桃源郷 多田智満子 人文書院 500
ウィーン 都市の詩学 池内紀 美術出版社 500箱なし
風俗史からみたベル・エポックの時代 青木英夫 源流社 500
モンパルナスの大冒険1910-1930 川崎市市民ミュージアム図録 500
中世を旅する人々 阿部謹也 平凡社 600
サーカス誕生 阿久根巌 ありな書房 700
現代建築・アウシュヴィッツ以降 飯島洋一 青土社 800
フュスリ画集(仏語版)大判 flammarion 1000

☆雑誌☆
トーキングヘッズ 特集アヴァンギャルド1920 ニジンスキー・笠井叡他 アトリエサード 100
國文学 埴谷雄高幻想王国の司祭 學燈社 150
ユリイカ 特集デカダンス ユイスマンス他 青土社 200
ミステリマガジン1972.8 特集幻想と怪奇 ジョイス・ポーター他 早川書房 300
ペーパームーン 少女漫画千夜一夜 萩尾望都他 300
牧神1 特集ゴシックロマンス 平井呈一・生田耕作他 牧神社 400
牧神12 特集人間の棲家 由良君美・池内紀他 牧神社 400

そういえば、赤江瀑が惨敗でしたね。
うーん、そろそろ品揃えを考えねばいけない感じです。
では、明日からもお仕事頑張ります。
お疲れ様でした!
スポンサーサイト

瞬間風速嵐並み «  | BLOG TOP |  » お休みはいつやってくる

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ