2017-05

パンダはまだ61だから♪

シルクスクリーンの美しさは、色彩の刃にある。
近づけば湿度の高い表面の落ち着きが、距離をおけばおくほど、光沢をえる。
描線・打点は時に重なって鈍っていっても、色彩だけはとがってゆく。
ついには次元を奥へ手前と押し広げてゆく。
たとえこれが、一色で刷り上げられたものであったとしても。

都営新宿線・三田線とのりつぎ、武蔵小杉まで。
【複々製に進路をとれ 粟津潔60年の軌跡】に行ってきました。

素氏がさくさく進んでいく中、僕はかなり遅いスピードで進んでいた。
おそらくポスターに描かれた文字を一つ一つを読んでいたせいで、また同じ図版も色をかえるごと、与えられる印象がすっくり違ってゆく面白さに見とれていたためと思われる。
その後、中期のシルクスクリーンで、足はぴたりと止まった。
亀と椿をモチーフにした作品が、あんまり鮮烈で。

素氏が、ポスターっていうのは、街の雑踏の中に、ぽんと飛び出す衝撃があってからこそのものだから、あんな風に何十枚と並べると意味が違ってくると、呟いたのが印象的だった。
その言葉のせいではないだろうが、僕の中に何か図録に収められたモノと展示物の距離感が喉につかえ、とってもいい図録が二冊もあったのに、、、買いませんでした。
絵葉書も、いつもながらに、僕の好みとは違うモノしか印刷されておらず。
結局ミュージアムショップで手にしたのは、童話をモチーフにした七宝焼き風のカードスタンド。
どれもこれも可愛かったけど、悩んだ末、ジャックと豆の木と、狼と三匹の子山羊を購入。
金曜にですぺらで頂いた、山本六三展の葉書を載せてみました。

Image1421.jpg


さあ、その後は。
素氏のセンチメンタルジャーニーです。
詳しくは、パンダ日記でご覧下さい。
でも、あそこに出てる6枚の写真、全部おれっちが撮影したんだよー。
全部使われて、こっちで使えるモノがないんだよー。
と文句をいっておこう。

しかし、足はぐだぐだになりましたが、楽しかった。
いきなり団地の地番表示が久本になっているのを報告した時に、素氏のアタフタ具合はなかったです。
加えて、自分の母校が、公立で小中高と一箇所に固まってる人もそうそういないだろうということで、高校の図書室前で写真をとったら、僕も俄然、うひひとなってしまい。
そこからは、全三枚を収めねばと躍起になっておりました。
僕自身は、もう幼稚園・小学校は跡形もないし、中学校ももうすぐなくなるし、、、な人なので、こんな遊びができる素氏が照れくさそうにしていても、羨ましかったな。

感傷散歩の後半、すごい地帯に潜り込みました。
久本神社という場所を探しに行ったんだけど。
タモリの坂道ダッシュなんて目じゃない、勾配45度越えてるでしょと思えるような、階段が、小さなアパートや民家の周囲でトグロを巻いていた。
あるビルの屋上には、真っ赤な鳥居が建ち、はたまた、民家の庭先にも鳥居が建ち。
ここか!あそこか!と久本神社を探しまくったのです。
(結局、道一本まちがえていただけで、件の神社は、普通の平地に建っていた)
いや、あそこに棲んでる人に、真夜中に遊びにこいと呼び出されたら、絶対泣く。
小学生の素氏が、夜明け前に怖くて新聞配達に行けず、届いてないと叱られたというのも、さもありなん。
三次元迷路、エッシャー世界を地でいくような、不可思議空間でありました。
でも、またせんちめんたるじゃあにい♪に同行したいと思っています。

で、自称知恵熱でぶったおれた素氏ですが。
その知恵熱という名の風邪が、僕の口蓋にもしっかり張り付いたようで。
昨日は出勤したものの、早退。
ガクガクブルブルの発熱でもうだめ。
早く良くなりたいです。

そうそう、僕と親しい人(ごく僅か数名)は、みんなスポーツが大嫌いなので。
ようやくここ二週間ほど続いた、俄国民一致団結呪いの球技が終了して一息。
先週、今夜のカラオケどうなるの?と聞いたら、3対0と答えられて、発狂し。
昨日は、突っ伏して苦しんでるところで、ワンセグ持った輩に、ねえねえ今、1点入ったよと言われ。
ええい!
高校生の頃、教室で阪神優勝とか大騒ぎしていた奴らも含め。
みんながみんな、オリンピックとかサッカーとか好きだと思うなよ!
と、熱でうなされながら叫んでいました。
こういうマスコミの扇動って許せない。
ちなみに、僕はスポーツやる人は、別に勝手にやればいいと思ってる。
他人の褌で相撲を取るといった大騒ぎが嫌いなんです。

スポンサーサイト

エイリアン生まれる «  | BLOG TOP |  » 津軽娘は泣いたとさ

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ