2017-05

かもした、焦げた、燻された

明日から本格的に寒くなるらしいけど。
いまだ夏物が転がる有様。
週末には是が非でも、冬物を出したいけど。
果たして体力が生み出されるや、いなや。

そもそも我が家には、タンスが一棹もありません。
最低限のものが、プラスチック抽斗に入っていて。
後は、季節外のものは、コンテナの中。
素氏のものにいたっては、段ボールの中。
僕たち、本のことしか考えていないのです。

携帯に溜まった写真がたくさんあるので。
整理がてら、いまはむかし、文化の日に赴いた国立科学博物館の出来事など。

Image0951.jpg

「菌類のふしぎ展」いやはやすごい人出でありました。
あんまり愛らしいチケットなので、当日券部分が切り離される前に、パチリ。
なにしろ、石川雅之さんの直筆落書きが、展示のあちこちに描かれている上に、
写真撮影可能なものだから。
中学生くらいの子たちが、全種撮影すべく、走り回っていると。
天井からは、オリゼーたちがぶらさがって、さらに小さなお子様達も大騒ぎ。

Image0971.jpg

展示も、各種キノコ類のプラスチネーションやホルマリン標本などが間近で見られるので
かなり面白い。
熊楠で脚光を浴びた、ミクロの妖精ともいうべき粘菌に関しては、
実はこの後向かった常設展示の方が細かく見ることができたのですが。
はたまた、広義の冬虫夏草も各種取り揃えられて、
へーこんな虫から、こんな妖しい生き物が伸びてると、わくわくしたり。
覗き穴から、緑に蛍光発色する不可思議なキノコを眺めたり。
菌類が、植物よりも動物に近い生態系をもつことが、
じんわり伝わってくる展示になっておりました。

Image0961.jpg

僕のお気に入りは、それほど珍しくないけど、このアミガサタケです。
レースな洋燈笠な佇まいが、なんとも素敵。

特別展の後は、ショップでガチャポンをして「もやしもんマグネット」をゲットし。
(ちなみに僕はO157で、素氏はオリゼーでした)
常設展へと向かったのですが、、、もうダメ。
何しろ新館だけで、地下三階から地上四階まで盛りだくさんなんだもの。
一日いたって、回りきれるかどうか。

そもそもこの日は、休日出勤のあと、上野に直行したため。
既に体力はゼロに等しくなっていたのでありました。
その体力を復活させた、お店が。
アメ横の番屋余市!!

アメ横といえば、以前「大統領」という、もうオッサン好みな飲み屋にしけこみ、
二級酒もびっくりな、謎の熱燗を飲んで大騒ぎしたのですが。
今回は、微妙に若オッサン風味な七輪焼きの店です。
冬場は、この顔面炎射な炭火が心地いいでしょうが、夏場は、、たぶん死ぬ。
とはいえ、何しろ廉価で旨いものが、沢山焼きながら飲めるので、ウハウハです。

アサリバターに、ゲソに、野菜に、トン串に、つくねに・・・。
と散々焼きつつ、後方の席を見ると、何やら、どーーーんとどでかい、もはや七輪からはみ出るものが、焼かれておりまして。
それが、初心者はやめておけ!でも病みつき必至のカマ!でありました。
我々の痛恨のミスは、初心者ゆえに、最後にこれを注文したことに尽きましょう。
ものすごい煙、ついには滴る油が発火!
見かねた店員のおじさんが、
「いったん下ろしたらどうですか。まあそのうち上手く焼けますよ」
とトングでひっくり返してくれたのでありました。

この巨大マグロカマが、たったの600円。
信じられないよー。
旨いったらありゃしない。

でもね。
帰りの地下鉄で、僕たち、もの凄い匂い発してました。
だって燻されまくりですもん。
酔っぱらってても、ぷんぷん脂の匂いさせていましたもの。
僕はよれよれでお風呂に入ったけど、素氏は燻しパンダのまま、翌朝出勤していったのでありました。

よし、次回こそ、最初からカマに挑戦だ!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quinutax.blog35.fc2.com/tb.php/138-81fccaa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そりゃ逢いたいです «  | BLOG TOP |  » ロリポップ・ノスタルジイ

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ