2017-06

ビバたなべ!ビバ南砂!

昨晩のアドマチご覧になりました?
南砂町です。

僕んちから、チャリで15-20分のエリアですが。
なんとまさかと思っていたあの「たなべ書店」が、23位にランクイン!
わーい、わーい。
マイベスト3に入る古書店が選ばれるなんて、なんてすごいんだ。
ほとんど最近できたショッピングモールスナモの番宣と化していたのに
なんとか食い込んだ、我らがタナベ!
えらいぞ!
もう素氏と手を握り合って、きゃあきゃあ騒いでました。

このお店は、この街に引越して間もない頃。
まだ仕事をしていなかったので、地図片手にチャリで古本屋捜しを
平日昼間に行っていたとき、見つけたのです。
その衝撃といったら、もう。
途中で肋骨にひび入ったけど、そんな傷みもふっとんだ。
(道に迷った挙げ句、すっころんだのさ、ははは)

僕、お店のなかでしゃがみこんで、涙で前がみえない。。。
ちょっと大げさだけど、大真面目に感激で言葉を失った。
で、素氏をはじめて連れて行ったとき。

門仲から永代通りを東へ東へ進んでいくと、だんだん道があやしくなっていく。
白フェンスで区切られたむこうは、まるで瀧の下と想像したくなる。
ちょうど完全に日が落ちていたので、
素氏はこんな場所に古本屋なんてないよー、こわいよーだったらしいです。
でも、お店に入ったら。
無言でした。
怒ってました、むしろ。
そう、いいお店に入ると、そんな形相になって話かけられないんです。

まあ何しろ底抜けに安い。
分量が半端じゃない。
面白い本がたーーーくさん。
外の棚がもうワクワクなの。
大島店があったときは、仕事帰りに毎日外棚チェックしてたの。

ということで、大島店が潰れて、すでに跡地にどーーんとマンションが出来ているのを
恨めしげに毎日ながめているので。
なんとしても、南砂の駅前店、本店だけは死守して欲しいと願ってます。
なので、本当は秘密にしたいくらいのお店だけど、繁盛してくれることを祈ってます。

ついでに、本店横の砂町酒場さんもめっちゃ旨いですよ。
ここで買った古本を広げて、きゃいきゃいお酒呑むのが最高なのです。
僕たちは、正月二日目から突撃するのが、楽しみだったりします。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quinutax.blog35.fc2.com/tb.php/130-879c04a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近おもしろかったこと «  | BLOG TOP |  » 赤犀と朝貝

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ