2017-10

タイムマシンにお願い♪

先日の大手拓次本は絹子が買ってしまったのだけど、
その古書店はむしろ素氏御用達の店である。

現実世界では浪速に店舗が存在し、
一度だけ覗いたギャラリーは、そんなに面白くなかった。
けれど、非現実に開かれた店は、瞠目の品揃え。

なにしろ、戦前いや、江戸のトンデモな書物、紙物(絵葉書やマッチラベルも)が
大挙して出てくる。

僕たちは、まことしやかに噂している。
絶対、彼らはタイムマシンを持っていて、時折買い付けに行っているに違いない。
そうじゃなきゃ、おかしいよと。

彼らが往々隠語めいて使う「クラインの壷」。
これこそがタイムマシンの名称にちがいない。
なんとも次元を飲み込むに相応しい名前じゃないか。

嗚呼一度、
タヌキの毛一本に変化してお邪魔にならないようにしますから
連れて行ってもらえませんか。
大正の空気を吸って
浅草十二階に登って
虫ちゃんの横顔やレビューをちら見して。。。
黙って震えていますから。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quinutax.blog35.fc2.com/tb.php/106-bafbe48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さまざまなる違和感 «  | BLOG TOP |  » ちまちましたい

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ