2017-07

お月様

多分二ヶ月くらい前の。
冬のとある休日。
もくもくとパソコンに向かう近い眼の絹子。

「キヌ、下に降りてきてごらん」
「何?雪がふってんの?」
「逆」
「逆?」

玄関を開く。
小さな家が長屋みたいに並んだ通り。
車も通れない、細い路地。
屋根屋根が重なって、見上げた空は狭いけど。

そこにお月様。
銀とも金ともいえず輝くまんまるのお月様。
遠い目でお月様はなんともいえず、滲んだ。

絹子は他にこんな人を知らない。
時間が経っても、ずっと忘れない。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://quinutax.blog35.fc2.com/tb.php/10-1cef5763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

片羽 «  | BLOG TOP |  » 「眼鏡文人1」正誤表2

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ