2017-06

qz

なんとか6月中という目標と、新潟行く前にという目標をクリア。
一度僕の手元から離します、ゲラ束。

しかし、脳に神経衰弱のごと、既出単語を張り付けておく、ルール不統一のルビ、資料の文字が掠れて小さいの呪い。
くたくたになったが、面白かったな。
世の中の「本当の本づくり」ってどうなってるのか、いまだ掴めませんが。
僕は本づくりが大好きです。
ついでにデータいじるのが大好きです。
緻密な終末の見えない作業が大好きです。

ということで、
今月のNHKFM4週連続サウンドクリエーターズファイル、無事に録音完了したので。
コーネリアスグループのベーシスト、大野さんの所属するバンドから一曲。
あー、後期(終わってない、終わってないけど、ある意味後期)salon musicに通じるオルタナ感、かっこいいー。
痺れるー。
CD買おうかなー。



スポンサーサイト

neglect

木曜の夜から新潟行くよ。
それが心の支えさ。
寄居浜に安吾碑観に行って、安吾資料館風と光に行く。
本来の目的はライブなんですが。

**

もう、ほんと。
この気持ち悪い感覚をどうやったら鎮められるのかな。
鬱っていえばそうだけど、気持ち悪いひたすら。

誰とも話たくない、それだけ。
世界のノイズを絶ちたい。
ツイッタのミステリやちょっとした知人関係全部捨てたい。
ロシアとか漫画とか音楽とか、全然関係ないものだけでいいよ。
というかツイ封印が一番効果的だ。この吐き気抑えるには。
毎日ミュートとフォロ切りの連続だよ。
空き時間は、全部青空文庫読むとかにすればいいんだけど、
どうしてもある方向は情報がほしいのだよね。別垢のほうをメインにするかー。

フランケンシュタインの恋、やっと初回みたよ。
この森の奥の怪物の館、素晴らしいね。美術さん最高だ。
純粋無垢青年やらしたらアヤノに勝てる人いないねー。
コウノドリ2期も楽しみにしています。


woddy

猛烈に毎日が眠い。
睡魔に支配されている。
不眠が終わったら、嗜眠へゴーだ。
10時間以上寝ても眩暈と腰痛で起き上がれなかった今朝。
翌日起き上がれるのか、それはもう、丁半か八卦か、それほどいい加減な確率論で。
凄く疲れた日の翌朝でもすっと起きられる日もあれば、全然腐ってしまうこともある。

職場の少し年上の人も、
眩暈と金縛り頻発らしく、向こうはわかるよーと話しかけてくれるのだが。
いや、世の中、多くの人は善人だなとか、親切と性善説に満ち溢れているなと、実感する。
本当にサボり魔、やるきなし魔の僕とは大違いで、真面目でおおらかな人が多いのだ。
無償の手を差し伸べてくるのに、恐怖すら覚える時がある。
いったいああした心映えは、いつ養えるものなのか、不思議でならない。

**

呪いのゲラは持ち歩けないので。

外出時は読書にいそしむしかない。
読書メーター、自分だけの遊びで、じわじわ頑張る。

おそらく中学生の時に「シャム双児」読んで以来だと思うけど、エラリー・クイーン読んでいる。
ギリシャ棺。
黒死館ほどじゃ全然ないけど、ちらちら語彙の謎が飛んでいて。
あーきっと海外のマニアの人も辞典とか作ってるのだろうなあと、ヒヒヒとニヤつきながら読む。
あー、ヴァン・ダインより好きかも、クイーン。

しかし、記憶の中の「シャム双児」が階段降りてくるカニ怪人と化しているのは、
おそらく乱歩の記憶とのミクスチュアであろう。

**

コーネリアスの新しいアルバム楽しみだ―。

そして、別冊ele-king 「コーネリアスのすべて」届きました。
いやもう、わが青春ここに極まった。
この本、オヤマダが子供の頃から高校生、パーフリ時代とスナップ写真提供していてね。
ずっと語られることのなかった、あの解散とか、オザワのこととか喋ってるんですよ。
もうね。
いや、感無量っていいますかね。
NHKFMでも今月毎日曜に色々喋ってくれてますが。

それにしても、それにしてもだよ、キタザワナツネ!!
こいつは、もうどうしようもない、脱け出せない厚顔無恥音楽ライターなんですが。
30年前と何も変わっていないな、ひどいぞ相変わらず(ちょっと腹立ち、ちょっと苦笑)。
でもその脱出不可能な感覚が、ここまでぬるっとインタビューを引き出せたのかもとも思わせる。
いやお前の手腕じゃない、オヤマダがもう違う次元にいってるからなんだよ。

もう一冊買って、妹に贈ってやろうと思います。
永久保存版なんで。



ada

時間がほしい、
それよりもっと集中力がほしい。

複雑なモル濃度の計算で時間がかかって、本日ももたつきました。
というか、メールで計算方法説明するのが面倒なの。
学校の勉強が現場で役立つ時もある、っていう瞬間が好きさ。
もう一回、勉強したいな、国語以外。
あ、でも化学はあんまり得意じゃなかった、特に有機。
なのでケミカルな現場じゃなくバイオにいます。

**

家に積んであった「悪を呼ぶ少年」トマス・トライオン読了。
風呂に浸かっている最中に佳境を迎え、ぎゃーと叫ぶ。
少年の悪意や、心理学的叙述トリックの作品数あれど、これは超一級のミステリじゃなかろうか!
怖い、怖すぎる、えぐすぎる、なのに牧歌的でリリカルってどういうことなんだ。
それは鍵となる双子の祖母・アダの幻視者的パワーのなせるわざでしょうね。
(アダといえば、グリーン家を思い出すよねえ)

物に意識を集中し、一切外界から離脱していくと、その一点の物に自分が置き換わるという遊戯。
これがすべての引き金なんだな。
落としどころをどこにするか、最後の2ページモノローグを蛇足とみるか、いや僕は良い構成だと思ったけど。
分かったつもりになってしまう2章、そこからのさらなる毒爆弾炸裂。
はー、いいもの読みました。

映画版のDVD発注しちゃったよー。

で、一言だけ文句を言えば。
単行本(角川文庫版もあるので、そっちはどうか分からない)の表紙扉に書かれたあらすじ。
導入部なのかと思いきや、事件の9割方ここに出ています。
おーい、こんな最後まで書くなよ!と。
せっかく訳者の深町さんが、ネタバレ避けて解説してくれてるのにー。
ま、しばらくワイン飲みたくなくなる話ということで、お茶を濁す。

映画版のトレーラー。
これ、怖くて一人で観られない感じだ。



indeed

つまり落下とは、ホルモンが急激な排出を行う瞬間。
その瞬間が現在進行形でpseudo、シュード化している。
偽物なのに気分だけは確実に落下する。
そして水が僕のなかにどっと滞留する。

客観的に、このホルモンの動向を面白いと思うと、扉がひらく。
フラットに戻ったということだ。

**

項目はすべて検討したので
初出とゲラを舐めるように、最初から読み込む。
一度だけの作業なので、許容はぎりぎりまで狭める。

ルビの法則があるようで、ないので、非常にイライラする。

システム化されたものが、統一性に安心をおぼえるので、不統一は不安を掻き立てるばかり。

**

僕はほとんど鏡をみないのだが
それでも、真正面だけは、時折見ている。
だがそれは、完全なる偽物である。

写真は恐ろしい、録音機は恐ろしい。
なぜなら、僕が見ている自己は、まさに「逆版」の世界だからだ。
僕が出している声は、頭蓋骨で振動し届く、まさに複製だからだ。

プロになるということは、万人に見えている姿を、外観の分散体と統一体のそれぞれを、
客観視できるということ。
安住からの離脱。
離脱できぬものは、醜塊の海に沈んだまま、気付かぬまま。

僕は横顔も、後姿も何も知らない、精神だけの、器なきもの。

**

大人になっても? いや少し年取ったから余計に期待を裏切らない可愛さ。
これを萌えといわずしてなんと言おう。ミーハーにならずにいられようか。
でもって、話が分かりやすすぎ、面白すぎるんですが、メイプルソープとパティ・ページが「るんるん」とか・笑。







grass & glass

急激に落ちる。

沈黙は賢者の知恵だろう。

ネットに浮かぶ種々の人格が、実際に遭う人格と、はたまた真の人格とどういうバランスで構成されているのか
推し量るすべもないのだが
なぜかくも、毎日苦手な、不快な感覚が生まれるのだろうと思う。

ひとつの嫌味、ひとつの辛辣、ひとつの自己嫌悪、ひとつの落胆、
まとめれば同じ語彙に収束するものも
与える印象は、快/不快の両極端に走る。

眼をつぶし、耳をふさぎ、口をぬう。
三猿の法則は逃走でありながらも、精神の健全を保つ攻撃性も併せ持つ。
人をどんどん嫌いになるのは、己を益々嫌悪するのに比例している。

**

一日こんこんと眠り続けた。
バイオリズムの最下端に陥ると鬱と睡魔を誘い込む。
夢の中で、あるゲイの人に手を握られる夢をみた。
その感触が非常に生々しく、これが夢だ分かるまでにずいぶん時間を要した。
なぜ夢だと分かったか。
足元を見たら、自分がチェックのミニスカートを履いていたからだ。
スカートなんて最後に履いたの、松山さんの葬儀の喪服以来着ていない。
そもそも喪服以外に持っていないのだから。
夢の中で吐きそうになって、蹲って目を覚ました。

先日、「フェミニスト」だという人の言葉を聞いた。
僕は「自分はフェミニストではない」と返した。
そもそも自分のジェンダーについて、一時期男になりたいと思っていたし、
今はジェンダーを持つこと自体、ひどく厭わしいのだから。
中性でもアンドロギュヌスでもなく、無性を求める。
生長がはやく胸が大きいことも嫌で嫌で切り落とせるなら切り落としてしまいたいくらいだった。

たしかに種々の方面で差別や抑圧が女性たちにあることは認める。
けれど、少なくとも今は「選べる」のではないのか。
勿論、ながい闘争の末に勝ちえた選択権なんだろうけど、
今「選ぶ」ことを放棄し抗うことも放棄して、不平を募る、一方で女性という力を過剰に揮うのは納得がいかない。
フェミニズムやリブを標榜する人がいるなら、逆に男側の権利、男側の差別を擁護する人間がいてもいいんじゃないか、と思う。
それくらい、男性だって抑圧され、無情な期待を抱かされている。

というか、ジェンダーだけでなく単純に二項化された世界観が大嫌いなんだよね。
嘔吐の種はここにひそむ。

**

youtubeがあれば、我が家は喫茶店に早変わり。
邪魔にならず、眠くならない、作業がさくさく進む、喫茶店音楽充実してるよねー。

素氏によれば、ビートルズもヒッピーたちも大傾倒したインド音楽の第一人者とのフィリップ・グラスのコラボ。
後半に近づくにつれ、香ばしく盛り上がる。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ