2015-05

涙の理由

土曜は蒲田ではしご酒。
最後は乗ったことのない電車に乗って、ラーメン屋で締めでした。
話題は右往左往し、いっぱい笑いまくる。
一緒に遊んでくれた皆様ありがとうございました。
一人でチャーシューメン食べてすみません。
いや、チャーシューの旨さがラーメン屋の基準なもので。

日曜は江戸博の大ホールで春のぐらもくらぶ祭。
戦前の映画にまつわる音楽を聴く。
エノケンに二村定一ってどちらも、物凄い存在感だよねえ。
後半はサイレントドタバタ喜劇映像に、ピアノとサックスとターンテーブルきゅっきゅっ(あれ、何という名称なのかな、DJの人が擦るやつ)で、即興の音をつけてみようコーナー。
そして『己が罪作兵衛』1930に活弁+ピアノで、盛り上がる。
ピアノはしくじり先生として今夜もテレビに出ていいた、あの新垣さんでした。

己が罪は、婚前に出来た子供を漁師に預けて貴族に嫁いだお嬢様の罪の因果が巡って、不義の子も、二人目の子供も同時に海で喪うという、ある意味大人のエゴに振り回された無垢な子供の身も蓋もない悲劇なのだけど。
素氏は昔、この映画の活弁つき上映会があるというので、お父さんを連れて行ったことがあったらしい。
お父さんは若い頃、これを見ていてとても喜んでいたとのこと。
映画の内容はあまりに理不尽な因果が効きすぎていて、当時はお涙頂戴であったにしても、現在の僕達は泣くことはむしろ難しいのだけど。
それよりも、素氏の思い出話の方が、ずっと泣けました。

自分は家族に対してちっとも泣けるエピソードが思い浮かばないのだけど。
素氏からお父さんや、おじいちゃんの話を聞くのが大好きだ。
可愛い話が多くて、いつもホッコリする。
そういう今まで聞き重ねてきた小さな話がじわっと頭の中で映像と、そして当時のマイクを通した弁士さんの多彩な声音がミックスされて、さらに横で鼻を啜っている音が加わると。
僕もじんわり来てしまうのでありました。

戦前や戦後すぐの頃は、なんて遠くて近い、愛しい世界なんだろう。
そこに立てる度量も度胸もない厳しい時代だけど、
僕の頭はいつもそこへ飛んでゆく。

sakube.gif

すごい存在感だった漁師の作兵衛じいさまこと井上正夫。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ