2015-04

もしもし教授

浦川教授のゼミ生は、桜が散る頃毎年恒例、
言問の期間に没入する。
教材やテーマを貰う前に、
冬眠前に頬張る苦い丸薬のように
『君の意味を私に教えて』と問われ続けるからである。
生きている意味なのか、と返せば、
そうではないと返される。
あるいは二人称自体の存在価値かと、返せば、
これまたそうではないと返される。
この破綻した不十分な問いに
年間二人が犠牲となり、卒業を放棄。
今年の五月、
意味は教えたくないですと
落雁を撒き散らして一人の学生が出て行った。
もう一人の彼は
ここを根城とでも考えたか
連ねた椅子に薄いマットレスを敷いて体を横たえる。

窓、重いカーテンの隙間に垣間見る桟の数、一枚だけ曇りガラスの嵌った不均衡。

浦川教授は頬杖をついて、紙の束に集中し、
無防備になった学生は身体から約束されていたはずの時間が、
ぬるぬる床に零れてゆくに任せて目を閉じる。

ここに、
何もない。
ここにも
何もない。
ここすら
何もない。
ここから、、、

声にしたつもりはないのに、
丸く汚れた教授の眼鏡の奥で
眼球が一回転、したようだ。
スポンサーサイト

皐月

青空という言葉を口の中で転がすと、
実際に見上げる爽快感とは裏腹に
僕はバタイユがいつも頭を掠める。
次に小説ではなく伝記が蘇り、
梅毒に罹患した父親が椅子に腰掛けている、
その光景と青空の対比が明滅する
という不穏な状態になる。

五月と聞けば、
立原道造の爽やかな五月に、の
ひたひたとした悲恋と相克を思い出す。

人は動き、汗ばみ、陽光の下、微笑むというのに。

橘小夢の展覧会へ行く。
心臓が弱いから、絵を描くもよし、物語を綴るもよし、好きなことをしなさいと少年時代に父親から云われたと。
妖気もあり、淫靡も多分にあり、恐ろしくあるのだけれど、幻視しながらも、どこかバランス感覚の心棒が通っていて、筆致の美しさには惹かれながらも、
ふと、わずかに、
何かピースの不足した感覚をおぼえる。

隣の夢二の詩画をみながら、自己破壊の崖がちらつき、
ああ、そうか、
そこの違いかと思う。

優劣でも好悪でもなく。
タネの割られた奥にある、
明らかな違い。

青い鳥

なんとか三時間半かかって、付録印刷終了。
九時過ぎまで職場に残るの、同人関係のためだけです。
残業代も休日出勤も給料関係ないので、タイムカードすらないんだわ。

コピー誌の割付ってめんどうよね。
左に1P、右に8Pとか。
100Pの手製本やってる人って、どうやってんのかな。
もしかしたらwordの最大スキル引き出してる場合があったら、
DTPソフトの勉強したほうが為になるのではなかろうか?

**

ついったー、結構苦手です。
情報収集には優れているが、自分呟きがしんどい。
宣伝しないとーと思っても、空回りしたり。
膨大な情報流れてるから、視覚に訴えないと全然ダメなんだと自分に言い聞かせたり。
弱音はまだしも、罵詈はだめだし。
誰も口には出さないけど、暗黙ルールが敷衍してるのがよくわかる。
内面よりも公共性、情報重視社会。
難しいので、クチバシはぐるぐる巻きになる。

青い鳥は、実はすぐ傍にいた。
ということには、なかなかならないらしい。

**

土日のバイトで司会者していた、お兄さんがすごく印象的だった。
知的でノーブルな眼鏡おしゃれさんに見せかけて、
休日はバンドでもくもくと汗もかかずにベースやスチールギターやってそうな雰囲気。
不思議な七三分けの耳の隠れる髪型眼鏡君、すらっとノッポのモデルのように動く。

そのバイト、二週間くらい連日一日8ターンくらい、
とある感覚試験をしていて、
僕はたった90分×2しか参加しなかったのだけど、
(時給4000円以上!)
そのお兄さんは、毎回毎回同じ説明しても、非常に温和で落ち着き払っていた。
飽きないのかなあ。
美術館やアミューズメントパークの人とかもそうだけど、
機械のようにずっと同じ台詞と微笑を発してるって凄いことだ。


古風

濃塩酸の蓋を不用意にあけると
淡い煙があがる。
そして酸の文字通り強烈に酸っぱい匂いが鼻を犯す。
君はその酢酸がひれ伏すような匂いを嗅いだだろうか。

高濃度の過酸化水素水を不用意にあけると
いつの間にか指先に痛みを負う。
君はその白い斑と指紋が絡みあう痛みを感じていたろうか。

君はいつしか紫外線の殺菌灯にのみ照らされて
ステンレスにだけ映る、影。
焼滅の磨滅の受身に耐えて、
あえて貴い夜さえも手離した。

✳︎✳︎

胃がこわい。

言葉は通じない。

胃がこわく震え続ける。

イベントで、
笑えなかったら、

ごめんなさい、
とか先取りの謝罪とか浅ましい。

✳︎✳︎

バイトついでにビレッジバンガードに寄る。
新しい漫画に会いたくて。

古風な漫画に会えました。
POPには24年組が蘇ったようと、ありました。
竹宮、萩尾とか。
でも買った短編集読んで感じたのは、
あ、これ、大島弓子の感覚だと。
絵は入江亜季さんの初期にも通じてるけど。
あとは、ぶ〜けで描いてた佐藤真由さんの匂いもある。
大島弓子のブラックアウト寸前の
闇に落ちる極みを真綿で掬うような
柔らかい残酷さ。
モノローグが詩的で、模糊模糊と揺れる。

でもきっと再来とか、似てると
言われるのは困惑されるに違いない。
だってそれは一部にすぎないから。

この古風さはどこから来てるのかと考える。
それは簡単にいえば、
チャラチャラしてないということ。
思考回路が深い芯で回っている。
今はたとえほのぼのとか言われるものでも、
尖端を狙いすぎている。
凡ゆる場所でエッジを立たせて過ぎている。
『売れる手法』に知るも知らずもはまり過ぎている。

その漫画家さんの名は売野機子さんという。
新しい楽しみが増えました。


薔薇だって書けるよ―売野機子作品集薔薇だって書けるよ―売野機子作品集
(2010/03/26)
売野 機子

商品詳細を見る



同窓生代行―売野機子作品集2同窓生代行―売野機子作品集2
(2011/11/30)
売野 機子

商品詳細を見る

ハスヌマ毒

仕事を休んで、布団を干す。シーツを洗う。
青空が突き抜けていて、日当たりの悪いこの路地にも一時光が齎された。

あと30日もないかな。足ぬけまで。
定期も切れたから、あとは回数券で通う。
定期切れる前に、式場隆三郎の展覧会に行きたかったのだが
職場と反対方向なのと、締め切りの混乱で諦めることに。
仕方がない、春の都営ワンデーパスを使うか。

市川国府台の学生寮に四年も住んでいたにもかかわらず、
僕はあの式場病院の薔薇園に行ったことがないのである。
中井英夫の「流薔園」のモデルですね。
式場隆三郎といえば、僕には「二笑亭」の紹介者としての側面が一番強烈かも。
市川には化研病院(化学療法研究所、食中毒で入院したよ、昔)とか、
国立精神衛生研究所とか、実際には怪しくはないんだけど、
妙に戦前の変態心理学好きの心をくすぐるようなネーミングの場所が多いのであった。

脱線するけど、その食中毒は恐らく牡蠣が原因だったらしいのだが
夜間救急で現職場にかかったら、追い返され(やはりひどい)
腹痛に悶絶して、化研の外来受付のソファで夜を明かさせてもらった。
当時、僕は細菌学の実習中で、未知の細菌を渡され、様々な同定検査をおこない名称を当てるという実験をしていた。
培地に生やしてコロニーの色をみたり、ブラックライトをあてたり、抗生物質と培地上で戦わせたり。
「動物のお医者さん」で蓮沼さんが、やっていましたよね。
で、浅学な僕は(というか入院先でも結石だ盲腸だとの当初は見立てだったが)、実習で使っている菌にやられたのだ!と勝手に思い込んだのである。
そこで、微生物の先生に訊いてみたら。

「そんな危ないものを、実習でつかわせるか!
すべて無毒化してある!」

怒られた次第です。

ということで、因縁深い市川と再びオサラバする前に、
色々見ておいたほうがいいかも、という気持ちを高めたのであります。

市川市文学ミュージアム 3/14-5/31
「炎の人 式場隆三郎 -医学と芸術のはざまで-」

唐笠

岩井俊二のムービーラボ、
一月に録画していたのをようやく見始める。
座談会+生徒スマホ映像講評的な、
ダランとしつつ、鋭い指摘満載の。

科学画報の小説を読みながら、
実は今まで殆どSF読んでなかったので、
今回、ふと、当たり前の事を考えた。
トンデモSFとか呼んでいたけど、
あのまだ科学の実益が市民に浸透しはじめた最初期、
あの時代には夢の風呂敷を存分にひろげられる空間があった。
トンデモでもいい、ドラエモンも真っ青になる、いや既に真っ青か、
夢見る容易さがあった。

凡ゆる事が実現して、
便利で潔癖と健康が飽和して、
その癖、世界の閉塞はあたら甚だしくて、
みんな窒息寸前で忘我の日々を送る現在。
夢見る永久機関は、完全に機能を失った。
科学画報が愛しくてしかたないのは、
無い物ねだりの、喪失感の裏返しなんだろうな。

3号には、『百年後の科学画報』という作品が載っています。
宮里記者が大正16年、昭和元年に夢見た百年後の奇跡です。
ありふれた技術の予測よりも、
彼は別の予測、人の心の有り様を予測しようして、封印しました。
見えたとしても、怖かったのかもしれません。
彼にとってそこから二十年が
あからさまな閉塞と緘黙につつまれたように
今僕たちは、飽和のナベでじわじわと茹でられながら、
想像力も断ち切られて、膝を折るしかない。

宮里良保さんに会いたかったな。
本当に会って、話を聞きたかったな。
彼は僕が生まれる二年前に他界していたのです。

ゆーかり

中学校の同窓会、ユーカリ会から会誌が届く。
僕の通った学校は、当時は神戸大学教育学部附属明石中学校というながーい名だった。
その頃は幼・小・中だけだったのが、今はもう一つの住吉と合併して中高一貫校になった。
この春、ついに明石校舎は閉校したと会報に書かれている。

地元の小学校に通っていた僕は、
6年間変わり映えのしない面子(50人しかいないので、超顔見知り)と更に三年同じ教室にいるのがしんどくて、
さらに小学校に隣り合う地元の中学の荒みっぷりがいやで、
編入で明石の附属まで通うことにしたのだった。

昭和50年代後半の中学はどこも荒れていた。
怖いというより、そういう世界が面倒くさくて、というのが生意気な僕の気持ちだった。
で通った付属校は、非常にほのぼので、自由で、変な学校だった。
生徒はいわば教育実習生のための、教育モデルのための実験動物なので、加えてそうなることを快く引き受けている人が多いので、喧嘩やいじめとかほとんど見当たらなかった。
みんなが同じに考えていたわけではないはずだけど、妙に大人ぶって寛容で物分りのいい子供が多かったように思う。
後に僕自身が別の大阪の付属校で五週間教育実習をした時も、こんな子供だけなら先生は随分楽にちがいないと思ったのもむべなるかな。

教室に先生が来るのではなく、生徒が教科ごとに毎時間移動するシステム。
木曜は三時間目以降夕方までが自由研究。
四月にテーマと指導教官を決めて、秋の文化祭発表まで、好きなテーマで研究ができる。
いわば大学のゼミみたいなもの。
グループを組んでもいいし、単独行動もいい。
二年生の時は、古い緞帳を身体に巻いて、「ベニスの商人」のポーシャをやった。
三年生では指人形で「ブレーメンの音楽隊」をやって、幼稚舎まで遠征公演もした。
夏の臨海・林間学校、奈良飛鳥の自転車旅行、五泊六日の九州修学旅行。
みんな楽しかったな。
なんだか中学時代は時間が溢れるほどあって、本も一日一冊読んで、途中下車して須磨の海岸歩いても、のんびりのほほんとしていた。

次の高校生活が部活も学業も、行事もみんな笑っちゃうほど厳しかったので。
もう軍隊そのものの。
あの中学時代の暢気な感覚はどうして生まれていたのか、今でも不思議なくらいだ。

校舎はマンションみたく画一の面白みのない建築だったけど、
解体されるなら、もう一度、校舎をみてみたい気もする。
30年前のこと色々思い出した夜でした。

スニーカー

メールの返事を二日間ずっと考えている。
懐柔は無理だし、メンタル攻撃も難しいし、
唯一の盲点は相手が非常に生真面目で直情型、
つまり暗喩がきかないことなんだよ。
アレゴリー様。
近しいひとって暗喩魔人みたいな人が多いので、勝手が違う。
裏の棘できゅっと刺すことができないのがとても不便な一方、
これもあれも、君は読めてないんだよ、
君にはもっと狡猾さや意趣返しってものを知らなきゃという戦法がいいかとか。
が、とてもプライド高いので、この手も裏目にでるかも。
メールって、文字だけだから、余計に難しいねえ。

***

文フリの新刊付録はB6サイズで8Pになりそうです。
ホッチキス留めしなくてよさそう。

アラン・ボット「空中の殺人」は本当にお洒落な航空ミステリ。
同じ作品を『科学画報』『新青年』の二誌に載った有名翻訳家の二種類の訳で
読み比べしていただきたいという、
まあ我々の独りよがりかもしれないけど、楽しい企画なのです。
個人的には『画報』の方推し。
ミステリの醍醐味、どうなるどうなる?という迫真感があるので。
『新青年』版は、縮めの妙技といった感じでしょうか。

また職場でガンガン、プリンタ使うのであった。

彼が英国空軍のフライング・エース、
のちにパン・ブックスの創始者でもあるAlan Bott

frontis2.jpg


***

一切ブランドとか服飾に興味のない僕ですが
唯一、コンバースのスニーカーは大好きで、
15年位前に買った、臙脂のワンスターはボロボロになるまで履いていた。
あの星とラインの入った懐かしいモデルはもうない。
復刻希望。

好きといっても、一足履きつぶしては、次のを買うくらいの素人さ。
どのくらい靴を持っていないかというと、
基本一足だけなので、雨でキャンパス地がぐずぐずになると
次の日、履く靴ありません、くらい何もない。
下駄箱不要。
自分には贅沢って思っても、五千円でって笑われるだろうね。

穀雨かしらないけど、この春は異常に雨が多いので
初めてナイロン素材のジャックパーセルシリーズ、BOADSHORTS デザイン復刻にしてみました。
足が幅広だから、25cmにしないとダメなんだ。

1089h703001730-1.jpg

ありす

黒い予感の日は宴会出ないほうがいいなと思う。

社会不適合者にも時にはちょこっと人を諭す瞬間があってもいいんじゃないかと思う。

広義の「狂気」の家には、必ず全員に「狂気」が伝播する。
発露は十人十色であっても。
経験者は語る。

***

ユーリ・オレーシャ「三人ふとっちょ」Три толстякаの絵本は、
露語の勉強のために激安で以前あまぞんで買ってあったのだけど。
今日その映画版(1966)をちらっと講義でみていたら、
ふとっちょ達の圧制に対抗する人の中に
人形仕掛けになりきる少女スオクの姿があって、
あ、もしかしたらこれ、『地獄のアリス』の原型か!
と非常にびっくりしました。

松本さん露映画好きだから、ありうるかもと。
まあディズニアリスの方が恰好は似てるけど、
人形つながりではね。

alice.jpg

Tri_tolstjaka12.jpg

女優さんの名前は Лина Бракните
リナ・ブラクニーチェ
かわいい、子供時代がロリ心をくすぐる。

Лина_Бракните_Дубравка

69414145uu.jpg


蓄音機

世のおばはんたちの、日々の会話の、
壊れたレコードとか、呼ぶけれど、
まさしく己こそ
百万回繰り返す
自家撞着、以外のなにものでもなく。

あらゆる記憶がおぼろなのに
この一点だけは明確で、それゆえ苛烈で。

頭の渦巻きを
美しいものに置換しなければ。

回路をより
遥かな、遥かな、尖塔へ。

なんか、ありえないことが次々起きる。
何故、そこに電話した?
いや真実を知らせないから、
肉親に迷惑かけるとか、
想像力ないのだね。

月曜入稿まで、そっとしておいて。

三ヶ月、ずっと頑張ったから、
いい本になってるはずと思いたい。
全部注入しております。

僕はこういう風で生きてます。
でもって、トンデモSFなんか思いもつけなくなった、現在の夢のない文明に呪いを馳せるのだ。
ヘトヘトだ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ