2014-05

かゆかゆ

左手の爪の間には、右手に肉片が詰まっている。

えぐい。でも本当。

発症から一年、ますますひどい。
病院はしごしたけど、変化はない。
市販薬でもハンドクリームでも病院薬でも、変えて一週間はびっくりして少し収まる。

アトピーの人の苦しさを少しわかる。
水疱と掻き毟りと流血と乾燥と崩壊の繰り返し。

昨日から、皸(アカギレ)用の変わった絆創膏を使ってみる。
見かけは普通のに似ているけれど、ガーゼやビニールではなく、耐水性の高い紙が吸い付く感じ。
夜はがしてみたら、少しだけ治癒していた。
とりあえず、不眠症に重ねて痒みでいらいらしないようにしたい。

先日、好酸球だけ回収する実験のために、自分の血を40ml採血した。
もともと、多血症なせいもあるけど、白血球中の顆粒球系が異常に回収できて、
その中のアトピーの人並みに好酸球が。
ちなみにアレルギーもちは好酸球がぐんとあがります。

この実験、かなり面倒なので。
ついでにお手伝いなので。
後一回くらいで終わること、希望。
溶血(赤血球の壁を破壊する)したとはいえ、流しに真っ赤な血がどばーっと流れるのは不気味だ。

恐水病といえば、狂犬病の別名だが、
右手は、恐水症というか恐汗症。
ラテックスやめてアセトニトリルの手袋に替えてみたが、
結局己の汗に反応するので意味がない。

手袋は自分の身を護るためにすると一般的には思われているだろうが、
僕たちは自分が汚いからするので、外すことは出来ない。

そういう逆説の真実をわかってもらえない、様々な世の中に
余計にブツブツが身をもたげるのであります。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ