2012-05

怪奇映画二本

三カ月ぶりに散髪。
ばーーっさり、10cm切って耳たぶまで出した。
栗坊主がマッチ棒に変身。
短いの楽だわ。
五年以上馴染みだった美容師さんがオメデタで休職されるとのこと。
この人は本当に気が合ったので、残念だけど
元気に復職されることを願ってます。

憲兵と幽霊 [DVD]憲兵と幽霊 [DVD]
(2005/10/21)
天知茂、中山昭二 他

商品詳細を見る


観てきました~。
ついに渋谷シネマヴェーラの会員になってしまった。
二本立て千円になるんだもん。

73_199.jpg


この映画の天知茂最高です!
同じ人間とは思えないほど美しい悪役っぷりです。
三白眼がきろきろ動いて、まだ瘠せていて面立ちもすっきりしているので、なおさらかっこいい。
本日、自宅で同じ中川信夫の「地獄」も見せてもらったんですけど
そちらの天知茂は、自分は手を掛けてはいないけど周囲の人間が次々に、
最終的には100人単位で死んでしまうので、
そのカルマに苦悩しつつも、ただウジウジあやまってるだけのヘボ青年役で
こちらの、憲兵天知のピカレスクぶりとは、好対照であります。

後半に至るまで、特に漢口に渉るまですべて職権濫用、自らの手を汚さないまま
地位と金と女すべてを手に入れていく悪逆非道っぷりが、
大陸に渡ってからは、次第次第に追い詰められていく。
そこに、自分が陥れた部下のうらめしい顔が何度も浮かんできて
天知茂を追い詰めるのですが、本当に最後まで幽霊ものというよりも
超上質なサイコサスペンスに仕上がっていました。

で。
最後は外人墓地で、幽霊ゾンビが墓石割って、つぎつぎに登場。
逃げども逃げども、すがりつく十字架すべてに、
磔られて銃殺された部下がひっついている。
頭から血を流し、おびえ逃げる天知茂の美しさったら。
たとえ軍服フェチでなくとも、こんなにきりっとした軍服姿みたらめろめろになります。

kenpei-to-yurei-7399.jpg


が。
僕の美学では、ここでハチの巣的に裏切り行為を見抜いた軍部によって、
撃ち殺されるのがまっとうなはずでした。
僕個人というより、現代の映画なら、きっとそういう終わり方だったはず。

でも、実際は。。
天知の謀略に依って無実の罪で銃殺された部下の奥さんに
(当然ながら、この女が欲しくて陥れたわけですが、あっさり捨ててしまう)
その部下の弟で兄の無実を証明するため憲兵志願した男が
プロポーズして終わると。。。
ついでに、あれだけ悪に徹した天知茂が、捕縛されて自白したと伝える。

そんなーーー。
なんなのこの、急激にぬるま湯に突っ込まれる話。

まあ、もう一本観た「亡霊怪猫屋敷」も。
散々おぞましい展開だったのに、最後はほんわかほのぼのエンドだったし。
「地獄」もあれだけスプラッタな地獄のシーン
(エキストラの皆さん、もう大勢で身もだえご苦労様ですって感じ)
を抜けて、最後に、よくわからないけど、やわらかーく終わった。

多分、そういうふうにしないといけなかった時代なんだろうって、
素氏は申しておりました。

あと、「憲兵と幽霊」はムッチリ腋毛美人が登場します。
万里昌代と三原葉子。
好みは分かれますが、エロチック加減は半端ありません。
チャイナドレスのスリット、クラブでの踊りっぷりは必見です。

そして、途中、うわあと思ったのが、挿入歌。
胡美芳が歌っているのですが、どの曲もめちゃくちゃ素敵でした。
サントラないだろうけど、欲しい!って思うくらいに
戦前の妖しい雰囲気が出ていました。

亡霊怪猫屋敷 [DVD]亡霊怪猫屋敷 [DVD]
(2008/01/25)
五月藤江、江島由里子 他

商品詳細を見る


むしろ怪奇ものとしては、こっちの方が怖かった。
五月藤江のネコババメイクも、単なる老婆メイクも、オハグロ奥方の時も
ぜーーんぶ怖い。
あと、狂っていく家老も凄まじかったし。
現代編の、荒れ果てた屋敷のセットも素晴らしいです。

でも、猫なので。
ひょいひょいと手を丸めてのニャンコポーズ。
そのまま、人間を見えない糸で操るように、動かして、ばくてんさせたり。
ついつい可愛い部分もあるので。
みゃーーって、自分も笑ってしまいそうにもなりました。

よし。
今度は、天知茂=伊右衛門の「東海道四谷怪談」みにいくぞー。

スポンサーサイト

豆ご飯

DSC_0181.jpg

嘘ではなく、ちゃんと眼鏡つくりました。
結局、錦糸町のJINSで。

ことのほか、可愛い軽いモデルがあったのと、何より安かった。
さらに30分で完成っていうのも助かる。

実際の感想は。
たしかに開きのカクカク感はあるものの、かけてるときはむしろずれがなくていいです。
レンズ込みの価格なので、実質その価格内で選べるレンズはほとんど一つといっていい。
コートが不明で、光の映り込み、反射の具合などは試さないと分かりません。
あと、壊れた眼鏡が10年もったプラスチックレンズで
普通は寿命2年といわれたので、じゃあ今回のはいつまでもつのかなとか。
ちょっと不安だったけど。
まあ、手荒なことしなければ大丈夫だと思う。

下のは、1.2でる外出用、ペーパーだけど万が一の運転も対応。
脇のツル部分に、きらりん花模様の石が入ってます。

上のは、家にはあったけど職場に欲しかった、PCと顕微鏡用。
はじめて乱視補正いれたら、ちょっとくらくらする~。
サイドはブルーにカラフルドットだけど、嫌味な感じはないです。



で、早速新しいのをかけて、ぷちばいと。
いつも思うけど、人って大人になると、
職業とか家族構成とか生活形態で、全然異なるなあと。
服装も、笑い方も、喋り方も、肌艶も、考え方も。
一期一会、一生で二度と遭わない人たちなので、ほんと観察してて飽きない。
僕はいつも今日こそおとなしく…って誓ってるのに、ついつい喋り倒す。
あいまいな質問を切ったりする。
きっと変なでしゃばりに見えてるに違いない。



DSC_0180.jpg

鞘つきグリンピース。
白くなってしわしわの鞘よけて買おうとしてたけど。
緑の鞘は、実はまだ若くて、ぱちんとはじけず割きにくいことを知る。
メンデルさんも麗しいといってくれるかな、このミッチリ肩寄せ合った配列。
なんて美しい初夏の緑。

おいしい豆ご飯に変身しました。



ウツボラ(2)(完) (エフコミック) (エフコミックス)ウツボラ(2)(完) (エフコミック) (エフコミックス)
(2012/05/17)
中村明日美子

商品詳細を見る


本屋寄ったら、出てました、完結編。
一時休筆されていたので、心配していたのですが、嬉しい。
こんなにハイクオリティな話と隙のない画力で続けるなんて、息切れしておかしくないもの。
理想の、すべて僕の求める完璧な残酷さを、この人は見せてくれれるので。
全幅の信頼をもって頁をくることができます。

とても複雑な構成になっていて、もういちど1巻を読み返して
味わい尽くしたいと思います。
完熟の桃を掌の中で、少しずつ力を籠めて握りこんでいくみたいに。

やる気でないもんで

ちーーーーっともヤル気がでないので。
というか、すっかり好きになったクラウス・マンの小説とか読みたいなあと思ったんだけど。
読みたい作品の邦訳がなくて。
じゃあ英訳ならなんとかなるかなあと思ったけど。
(ほんとはそんな甘い話じゃないけど)
英訳は邦訳+2作品くらいしかなくって。
その二つが、同性愛観点からいけばちょっとそそられるけど。
どうもそれほど、根本的にはそそられず。

それじゃあ、クラウス大推薦のヘルマン・バングHerman Bang ならどうなのよ。
って、邦訳は全くないの知ってるので、英訳さがしたけど。
ねーよー。
中国語訳あるのに。ちっ。
そもそもデンマーク人で、独語訳しかほとんどないざんす。
そもそも日本が最も海外文学訳されてるとかいわれてるんだから。
英語に期待しても無理じゃーん。

けっ、けっ、ってナースサンダル飛ばして、いじけながら、
グーテンベルグプロジェクト見てたら
「シャグパッドの毛剃り」のジョージ・メレディスが一杯あったの。
仕事中に一日かけて、A4たった2枚くらいの超短いの読もうとしたの。
ぐわーーーっ。
これって日夏な雰囲気?
ずーーっと昔、大学でチョーサー読まされた記憶がよぎった。
歯が立ちません。
なんとなく内容はわかったものの、何が面白いのか全く分からない。

あー。
でも、なんか息抜きにお勉強したいな、楽しい話で。
毎日息抜きしかしていませんが。

で、そういえば、もうすぐ「汚れた肉体」Vile Bodies の翻訳が出るとかなんとか。
「回想のブライズヘッド」最後はちょっときつい恋愛展開になってしまったけど
アル中になってダメダメになってしまう前が素敵だったし。
八潮出版から出てる短編集は、めちゃくちゃ高いし。

The Complete Stories of Evelyn WaughThe Complete Stories of Evelyn Waugh
(2000/09/20)
Evelyn Waugh

商品詳細を見る


で、ペーパーバッグ届きました。
大学時代とか、もっと若書きとか、八潮版に入ってない短編とか40編が詰まったお得版。
アメリカからなぜか英国経由で届きますとか。
いつものごとく謎に地球をぐるんと巡って、到着。

あー。
結構、いける。
内容以前に、辞書を引く回数が、かなり減る。
ちゃんと理解できるかは、心底楽しめるかはこれからの課題だけど。

イーヴリン・ウォーといえば。
21歳、オックスフォードの最終年に書いたThe Temple at Thatchという作品があって。
でもウォーは、それを焼いてしまう。
そして失意のあまり自殺未遂をおこしてしまったといいます。
主人公は大学生、半自叙伝的な内容で、狂気と黒魔術を中心に据えていたといいます。
英語版wikiからの情報ですが。

うぉー。(つまらん洒落言ってる場合ではなく)
読みたかったなあ。
ま、その内容の一部が反映されたThe Balanceという短編もこの本に入ってるので
楽しみにじわじわ読みたいと思います。

すっぱいさくらんぼ

DSC_0177.jpg

春に遅咲きの真白な花を咲かせていた職場の山桜(正式名称不明)。
小さな赤い実がたくさんなりました。
きっと酸っぱくて固くて苦いんだろうな。
この桜には毛虫も寄ってきていません。
つややかで綺麗な実なのに、みんな落ちちゃう。

DSC_0178.jpg

眼鏡にピキンと罅が入ったことに気付く。
深くないのでまだ使えそうだけど。
明日はこれを理由に休もうと考えるのであった。

10年は使ってるので、今度はちょっと変なのにしようと思う。
顕微鏡ずーっとこれで覗いてると、疲れてくるので、職場で使えるPC用もほしいなあと。
安物買いなんでJINSでもいいんだけど。
なんか、あのペコペコしたプラスチックの開閉が馴染めないんだよねー。

あと、渋谷シネマヴェーラで、中川信夫特集が始まってるので。
天知茂さまの、怪奇シリーズは、ぜひとも観なくちゃ。
早く仕事やめて、平日映画三昧したいです。

5/13放鳥式

5・13.
オーナー三年目、千葉県長生村のアイガモ農法放鳥式に参加。
晴天澄み切った爽やかな空の下、JR八積駅からテクテク歩いて20分。

みんな車で来てるので、誰も道を歩いていません。
所さんの第一村人発見の意味がよーく分る、のどかな初夏の道のり。

DSC_0157.jpg

ポン菓子の爆発音を聞いて
二回目の爆発で振りかけられたカレー味にうひゃと咽喉を焼きつつ、たんぼへ移動。
アイガモちゃん抱かせてもらいます。
生後三週目、ちょっと大きいので暴れがち。
おなかがあったかいなあ。
素氏、あやうく運がつくとこでした、どばっとどばっとやってたね、鴨君。

サイレンとともにといわれていたけど・・・村長の挨拶ちょいと長めで、
先にプオーってサイレンが鳴り渡る。

DSC_0159.jpg


DSC_0160.jpg

ハヤクシテクレって暴れてます。
せいのっで田んぼに飛ばす。
瞬間、わーーって集まる。

DSC_0163.jpg

アイガモが放たれた田んぼは、水が澄んでいます。
綺麗にお掃除してくれています。
周囲に柵がしてあるのは、鴨の逃亡防止ではなく、野犬とかに襲われないようになんだって。

戻って。
おにぎり、トン汁、玉ねぎトマトサラダ、お漬物、たっくさん食べました。
手でもって帰れる分だけ、エシャロットとかソラマメとかも購入。
味が濃くて、ほんと美味しいんだ。
ソラマメの塩焼き大好きだ、肴に最高!

帰り道。
自転車ですれ違ったジャージにヘルメットな中学生が。
ふたりとも、「こんにちは~」って声かけてくれるのに驚く。
礼儀正しいのは爽やかだ。
でも、この閑散とした空間だからできるのかもねえ。

去年はオーナーなのに、一度も訪れることができなくて悲しかったので。
今年は秋の収穫祭も満喫しようと思います。

四角

己を無知だと認識すると、一生苦悩し続けることになる。
けれど如何に苦しんでも、如何に自堕落になっていても
結果が伴わなければ個人の苦悩など塵にも劣るのだ。

そんなことを毎日考えて、脳が白くなる。
なので逃避行ばかりする。
映画を観てるとふわっとする。
ガラガラの映画館の中にいると、特にふわっとする。
名画座の映画がみんないいわけでもないけど、やっぱり昔の映画の方が好きだなあと思う。

だから土曜日は三本も名画座で観てしまった。

基本的に版権の切れた本しか読まないのは
もう全てが書きつくされているからと感じるからで
濾過されて輸入された近作の海外文学ですら、上手だとは思っても
傲慢にも、ああ、お勉強の結果だなと思うので、
(例えば、カルロス・ルイス・サフォンとかカズオ・イシグロとか)
日本の濾過すら受けていないものは、一年に一つくらい手にとって
ああ、お勉強すらできてないじゃないかと思うので。
それと同じように新しい映画っていうのは、とても受け入れ難く感じるのです。

手帳に残った2011年の記録。
全然数は観ていないのだけど、去年の映画館に行った記録。

「四畳半物語娼婦しの」成澤昌茂監督 1966
「眠れる美女」吉村公三郎監督 1968
「真夏の夜の夢」イジー・トルンカ監督 1959 チェコアニメ
「おじいさんの物々交換」イジー・トルンカ監督 1953 チェコアニメ
「クテャーセクとクティルカ」イジー・トルンカ監督 1954 チェコアニメ
「悪魔の水車小屋」イジー・トルンカ監督 1949 チェコアニメ
「二つの霜」イジー・トルンカ監督 1954 チェコアニメ
「電子頭脳おばあさん」イジー・トルンカ監督 1962 チェコアニメ
「天使ガブリエルと鵞鳥夫人」イジー・トルンカ監督 1964 チェコアニメ
「八時間の恐怖」鈴木清太郎(清順)監督 1957
「英国王のスピーチ」トム・フーバー監督 2010 英
「悪魔からの勲章」村山三男監督 1967
「わたしを離さないで」マーク・ロマネク監督 2010 英米
「裏階段」井上梅次監督 1965
「炎上」市川崑監督 1958
「肉体の学校」木下亮監督 1965
「黒蜥蜴」井上梅次監督 1962
「悪魔の手毬唄」渡辺邦男監督 1961
「獄門島」松田定次監督 1949
「ブラック・スワン」ダーレン・アロノフスキー監督 2010 米
「死刑執行人もまた死す」フリッツ・ラング監督 1943 米
「海の牙」ルネ・クレマン監督 1947 仏
「禁じられた遊び」ルネ・クレマン監督 1952 仏
「外套と短剣」 フリッツ・ラング監督 1946 米
「ナチのスパイめ!」ジュールス・ホワイト監督 1940
「鉄路の白薔薇」アベル・ガンス監督 1923 仏
「らぶれたあ」鈴木清順監督 1959
「花と怒涛」 鈴木清順監督 1964

一番面白かったのは、「死刑執行人もまた死す」だったな。
初めての弁士付生演奏付「鉄路の白薔薇」も幸福な時間だったな。

新作映画は、さっきも言ったように、新作小説と同じに上手上手で
人の心の琴線を技巧をもって鳴らそうとするので、
もし涙が浮かんだとしても
それは乾いた玉葱の茶色い外の皮をむいた事にしかならない。
それでも、小説の数倍「わたしを離さないで」は素晴らしかったと思う。

で懲りずに。
今年も月に数本ちょこちょこっと、浮かんでこようと思う。

ソクーロフの「太陽」を先週見た。
イッセー尾形の昭和天皇コントというコメントもあったけど
桃井かおり(皇后役)はどこでも桃井かおりというコメントもみたけど
役者の本領におんぶにだっこでも決して悪くはないだろう。

僕は、これを狂気を封じ込める最大の人の技とは何かと
考えながら観ておりました。
運命を受諾しながら、人は風が消えていく道をつくるためには
独自の風穴を穿つようにしなければ生きられないというこを。
もぐもぐと動かし言葉を飲み込み飲み込み
敢えて相手の問いに対してすでにある答えを放棄する。

幾度も繰り返された「あっ、そ」という返答。
特にクライマックスにおいて、
人間宣言を記録した青年の自決を留めたんだろうねという問いに対して、
侍従長が留めませんでしたと返した時に、何の変化もなく「あっ、そ」と返されると
足元に開いた非情な空洞を、瞬間ぽーんと跨ぐがごとく
意識に風穴を開いて意識を飛ばされたようにも感じるのであります。

そしてこの映画がロシア人によって造られた意味をも
僕は恐ろしく深い陥穽として認めるのでありました。

もう一本。

白昼の通り魔 [DVD]白昼の通り魔 [DVD]
(2006/04/27)
川口小枝、小山明子 他

商品詳細を見る


大島渚監督の奥さま、小山明子映画祭。
こんなすごい映画なのに、シネパトスはがらがら。
「白昼の通り魔」1966 は武田泰淳原作、大島渚監督。

小山明子の「愛は無償のものです」と講義する中学教師像と、その偽善と、
教え子(佐藤慶・通り魔)にどうしようもなく惹かれて壊れる様がもちろん凄まじいけれど。
僕は、「白日夢」で看護婦さん役でも出ていた
武智鉄二監督の娘・川口小枝ちゃんの演技の凄まじさに、すっかり参りました。
人の話を、恋愛を素直に受け止め、それと同等に農作業に重心を置き、
自分に降りかかる死と野蛮性をも飲み込み、そして降りかかった意味を、答を探しあぐねる。
一緒に無理心中した相手(戸浦六宏)が木にぶらぶらと縊死して揺れている横で
生き残って失神している間に、凌辱される絵の凄まじさったら、もう。
そしてラストの「また死ねなかったんだな」といいながら、死体を背負って山道を下る姿。
四人のなす、四角関係の現世欲がぐるぐるにとぐろ巻いて、
四人の一歩も譲らない演技と、ぎらぎら光る眼と汗のカットと。
挙げればきりのない、完璧なエロスタナトスの凝縮体の美しさと。

どうしてもっと、こういう映画、みんな観ないのかなあって。
自分の触れるものが、今目の前にある流行が、
決して新機軸でもなく、新発見でもなく
本当はもう遠い昔、遠くない昔に、
何度も何度も描かれたものの繰り返しに過ぎないと
(勿論すべてとは言わないが)
ちゃんと認識しているべきだろうと、僕は思うのだ。

たしかに、全てキンピカ、生まれたてのものと思ってお気楽に表層を撫でるのは
とっても、とっても楽なことだけど。
僕は、苦しくても、楽しいだけの話はできないのだよ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ