2011-02

一人旅@仙台 二日目

Image0301.jpg
雨が上ったばかりで、折角の安達太良山がお隠れに。
なのでほんとはこんな風に見えますよの看板。
うしろのモックモックが、本当の山。

Image031xx.jpg
西公園前、広瀬川にかかっていた、素敵な橋。
古本屋巡りの最中に面白い景色に出会って満足。

Image0322.jpg
楽しかった、Zepp仙台。
後ろに並んでいた純朴そうな青年たちの会話で、もうすぐなくなるってずっと噂になってるよなー。
仙台から確実にライブが減るのいやだー。
の声が耳に残ってます。

さて、二日目。

0800 携帯目覚ましかけていたけど、マナーモードでブルブル震えただけ。
ゆえに寝過ごす。まあ大したことないけど、腰が痛い。
普段ホテルって寝付き悪いんだけど、さすがに疲れていたようで「ファウスト博士」読みながらぐっすり。

0830 朝食。お昼抜きになる可能性あり。古本のせいでな。
なので、おにぎり、パン二個、コンソメスープ、果物、野菜、ソーセージ、珈琲二杯。
がっつりおいしく頂きました。

0850 100円ローソンもう開いてた!
加圧むくみ取れます靴下が105円じゃないですか!これしかない!
(もしかしたら自分土産に買い込むべきだったのではないかと思う)
しかし、部屋に戻って荷物の整理をしてたら、昨晩なかったはずの靴下が!
まあ、この加圧靴下は薄手だけど暖かく、しっかり締まるので使ってよかった。

0930 チェックアウト。とってもいいホテルだった。ありがとう。
今度仙台に来たときも、是非とも泊まりたいです。
ちなみに、ホテルの名は、コンフォートホテル仙台東口。

0950 のりば7からバスに乗る。
整理券握り締めて、料金が370円になるまで前の料金表を睨みつける。
バス停の一区間の距離がとても長い、バス停の名前が似てる。
ここで間違って降りたら、確実にやばい事になるので、緊張。

1020 鈎取というバス停で下車。
おお、ここが噂に名高い萬葉堂書店鈎取店ですな!
開店直後なのに、もう車が数台停まっているじゃないの。
どきどきわくわくしながら入店。

1200 すでに一時間半が経過。すごい、すごすぎる、この分量。
そして店員さんの汗の結晶ともいうべき、懇切丁寧な分類に溜息がとまらない。
こんなに広いのに、なんて見やすいんだ!
南砂のタナベとか、いやいや町田の高原とか思い出すけど。
まあ、この書店のHPを見てください。売り場の写真を見てください。
→ここ

しかし、感嘆と同時に押し寄せる、自分のちっささに涙。
普段、古書市に行っては、海外文学がちっともねえ!と文句垂れるくせに。
70年代以前の海外文学だけで、10本も棚があったら、
白水のあれも、新潮のあれも、晶文のあれも、、、シリーズがぐわーっと並んでいると、
吐く。ここまでくると、吐いちゃう。
なんというか、ハイキングに来たのに、富士山だった的な。
一気に高山病というか、掴んだ本の値段が安いのか高いのか面白いのか、分らなくなる。

1230 地階に潜入。
誰もいない。BGMも蛍光灯の光もあるけど、ここはぞくぞくするね、怖いね。
一階よりも古いもの昭和10年代以降の本が多いね。
角を曲がって宗教の海、角を曲がって南洋の民俗学の海。
科学全般も建築も、、もう眼がチカチカするぜ。
そして絶版文庫の海、サンリオSFの洪水、岩波の背中の文字がもう眼がやられて見えません。

1300 だめだ、ここ。
三時間いて、色々籠いっぱいにして、でもちゃんと見たのは1/4くらいかな。
寝袋もってきて、一週間くらい籠もりたい。
せめて、昼休憩とって一日はいないと駄目だ!
店の前に立ち食い蕎麦屋とトイレと灰皿希望。

1310 予定より早いけど、荷物が重くて斃れそうなので、バスに乗る。
黄色い帽子に黄色い旗を持ったおじいちゃんのお散歩集団が乗ってきて、わちゃわちゃ楽しそう。

1350 駅中の居酒屋さんで昼食。
500円でおいしそうな海鮮丼とかネギトロ丼とかあったけど、迷わずつけ麺を注文。
僕はチャーシューとゆで卵が大好きなんだ。

1430 お土産を物色。ササカマか萩の月か牛タンかずんだか三陸海鮮珍味か。
何しろ荷物が既にヤバイ量なので、小物で勝負する。

1500 必殺技、本ツメツメ作戦により、カバンの比重・密度が最大となる。
高速バスの時間まで、煙草を吸いながら、ぼんやりポカポカ太陽に照らされる。

1600 帰りのバスに乗車。
行きとは違ってとても空いているので、一人二席占領できて、大変ラッキーである。
夕暮れが近づく。楽しかった仙台とお別れ。

1930 佐野SA。真赤にうるんだ満月が、黒い稜線の山の端にのっかっていて、
まさしく逢魔の刻印を残すかのような空に見とれる。
写真は撮っても、真っ黒にぽつんと白い点にしかならず、大変残念。

2100 新宿到着。さすがに疲れたわー。
2150 帰宅。もうオネムな素氏に本を見せて、少し喋る。
なぜか、買ってあった大学芋だけ食べて、晩御飯終了。

大変充実した、かつ強行軍の二日間ののち。
本日はよろめきながらも、休日出勤。
最近晩御飯ちゃんとつくってなかったので、えいやっとばかりに、
豚汁、ブリ大根、ちらし寿司作って満足いたしました。

また仙台行きたいな。
二日は古本行脚に使って、一日は松島みてみたいです。
一人旅に行かせてくれた、素氏に大感謝。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ