2009-12

ニューコー♪

なんとか、なんとか、終わりました。
今頃石川県の鈴さんの元に届いているはず。
二日締め切り延ばしてもらって、ようやくトンネルを抜けました。
ページ数も予約の60から大幅に膨らんで92pです。

昨日は缶の菊水ふなくちと、お刺身買ってかえって、プチ祝杯!
あー、5日ぶりに飲んだ酒の旨いことよ。

土曜日、ほんの気晴らしに修羅場食料到達に行ったとき、
「お刺身買っていこうか、ご飯とさくっと食べれるから」
といったら、素氏の目は泳いでいて、そんな気分じゃない顔。
そりゃそうだ。
こうやって仕上がって、酒ちびちびしながら食べる方が美味しいもんね。
温存して大正解。

あとはなんとか、無事に印刷されることを祈るばかりです。
今回は、僕も付録16pと、あとがきで参加させていただきました。
付録は、、、翻訳中心だけど、楽しんでもらえるかなあ。
僕としては、いままで米嫌いのため全く興味がなかったNYの昔の姿を沢山見られたのと
建築様式について、ほんのちょっとだけ、理解できるようになったのが、面白かったです。

ゴシック建築とかの写真ずーーっとみてると、
ごてごてしいというよりも、数学的な計算なしに、幾何学の描ける文様を究極まで立体化させていく
そのものすごい集中力とかエネルギーが、宗教的な崇高さとかに変換されて、
実質的に高さはさしてない建物でも、だんだん天に昇っていく感じがすごいんですよねー。

ほら、昔、持っていませんでした?
歯車を組み合わせて、ぐるぐる回していくと、幾何学模様がいろいろ描ける道具。
(僕は今も愛用、先日のシェーアバルト本でもイラストに使った)
正式名はスピログラフというらしい。
これ使ってると、意識が宙に浮く感じがあるのですが、
このスピリチュアルな感覚が、さらに三次元へと広げていった結果、
余計に神様に近づける気がするのではないかなあ。

今はこういうソフトでも描けるみたい。

spirograph_completed_designs.jpg
スポンサーサイト

綱渡り

明日は文学フリマです。
黒死館附属幻稚園も出店します。 スペースはS-8。
まあ、既刊のみだけですが。

しかし、もう二人して出かけられない~ってくらい、今回大修羅場中。
まじ、間に合うのかこれ?

で、明日文フリのある同じ会場で、奥泉光さんのトークイベントがあるのだ。
ううう、と悩んだ末。
出店早めに切り上げて、そっちにも行くことにしました。
整理券が無事にゲットできたら、の話ですが。

翻訳難航中。
固有名詞が、困るんだよ。
とりあえず、今夜は砂町銀座(今晩のアドマチに出る)で買って来てもらった
焼き鳥頬張って、頑張ります。
しかし、なんで、こんな日にも休日出勤なのじゃ~。

鋭意進行中?頓挫中?

うーんと、頑張ってるけど、頑張りきれてない。
逍遥10号は、前回にひきつづき売切御免の1号の一章分をふくらまし計画でしたが、
ほぼ書き下ろしになっています。
鬼編というか、校正係の僕が、二ヶ月かかって出てきた原稿をビリビリに引き裂いた(苦笑)
とかなんとか、、、なので、えらいことになってます。

加えて付録にしようと素氏が提示してきた英文が、
どいつもこいつも中途で、イマイチふさわしくないんじゃないのってことになり。
翻訳しては破棄の繰り返し(涙)。

もう先日僕が初めてネット通販で買ったupper westsideな洋書の抄訳しかないんじゃないかと。
思ったりしてるけど、もうすぐ表紙入稿だし。
表紙にはいつも目次が載ってるし。。。ぎゃー。

ついでに、10号発行記念の勝手に付録つけちゃおう計画も、まだ着手してないし。
こりゃ、年末コミケ前夜まで、徹夜の連続になるのではなかろうかと。
ぶるぶるしています。

冷たい汗も、背中で凍りそうな気温になってきましたが、
なんとか頑張って生きたいものです。
えれえれ。

あー、届いた入江亜季さんの新刊も、鎌鼬新装版も、開けない。。。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ