2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日のことでした

その密やかなる隠れ里は唯一無二の臥処でありました。
道筋は果て、いままた振り返り。
幾百年、幾秒遡り、また明日はまだ見ぬ明日は。
ほんの少しだけ。


人の夜毎の夢にも現れ悪さを繰り返す小人たち。
なかんずく彼らにも優しき御手をかざしたまえ。
狂気を餌とし、敢えて貪食を好まず、
我らに狂いを吹き返す。
しばし狂気は我ら人の餌ともならん。


心地よく湿りし岸辺。
靴先つかまる片足のもげた蟹の骸。
潮を吹きしまま赤茶けて岩肌に絡まる海藻。
濁りきり深く視界を阻む宙天とわだつみの境界なき滲み。
私たちは明日はここから旅立とうと話し合う。
入江に終わりのないことを知っている。
入江はロゴスを飲み込み、吐き尽くす。
私たちは白い空洞である。
スポンサーサイト

廃墟楽章

焼き茄子?
ああ、網の上でゆうくりと焼いていくんだよね。
紫が死んで、ちりちりに萎縮した茄子を冷水に浸すと、皮膚がはがれて、中から、黄色の實があらはれる。
焦げ痕は、刺青のやう。
それとも、生意氣な勲章のやう。

醤油とおろし生姜で、じわりと頂きなさい。

單純な料理ほど、夏は淺ましくなく、過ごせるもの。

..2003/7/11(金) 【夏の爪痕 A】

**********************

牛乳たつぷり珈琲色の川の中へ、落としたのは、マキホから貰つた指輪だつた。
白金に思はせぶりな、誕生石などつけて。

「君の誕生石は?」
「はて、さて、僕は透明な飲み物が好きだけどね、透明な石は嫌いなんだ」
「なら、カフエオレは呪ひだね」
「ああ、ネクタアや乳酸菌も、もつてのほかさ」
「ぢやあ、濁つた石を渡そうか。珊瑚、瑪瑙・・・」
「いいや、刻んでおくれよ、僕の大好きなオウム貝を」
「どこへ」
「指へ、直接さ」

臆病者、陳腐な指輪を贈る位なら、刃のひとつでもこちらに向けてみろ。
梅雨が明けて、濁りを忘れた川の中に、海水魚が目を剥いた。

..2003/7/14(月) 【夏の爪痕 B】

**********************

誰も要らない。
さう思ひながら、夜の散歩に出掛けた。
遠くで、打ち上げ花火を樂しむ聲がする。

誰も僕に構ふな。
さう呟きながら、晝なほ暗い山道を何も持たずに歩いた。
遠くで、川のせせらぎが、嘘のやうに生まれる。

世界の誰もが嫌いで、特に「今」は、あいつのことが嫌で。
でも、「今」が過ぎれば、きつと別の嫌いな奴を捜して、彷徨する。

僕には、いつも憎む相手が必要だ。
ののしり、背筋を凍らせ、刃を振り上げる相手が。
だから、歸へる。
歸へらう、平凡で、偽りばかりの家へ。

..2003/7/25(金) 【夏の爪痕 C】

**********************

ねえ、だうして、子供の時間はたつた十年そこそこなのに、大人はおじいさんになるまで、あんなにながあい時間をつかつてゐられるの。
ああ、それはね、時間を時間商人に賣つて、生きてゐるからだよ。

時間商人つて、だれ?
時間をお金に變へてくれる人さ。

變へないといけないの?
さあ、いけなくはないけど、さうしないと生きられないのさ。

ぢやあ、子供は大人の時間をもらつて大人になるの?
たまにね。でも、大人と呼ばれる人たちのなかには、なかなか商人に會ひたがらない奴も一杯ゐるのさ。

へえ。おぢさんは、どうなの?
おぢさんは、子供の時間を食べながら、どんどん死んでゐるんだよ。ほら、もう、手の先も、瞼も溶けちまつた。

いけないことだから?
いいや、誰もその美味さに気づいてゐないから、惡戲商人が仕組んだのさ。

..2003/10/14(火) 【長電話は嫌い】

***********************

黒豹が前を通り過ぎた。

すると、硝子張りの温室の中から、瞑目しバチを握つた三味線奏者が、
「鳳仙花は、いつ咲くのかえ?」
と、神妙な聲で問ひかけるので、黒豹は歩みをとめて、赤い舌を硝子に押し付ける。
それは、彈けた苺科の果實を思はせる肉厚な舌だ。

「殘念ながら、今、満開だ。あんたが・・・・眼を開いたら・・・すぐに枯れちまうだらうて」
「ぢやあ、お前の黒い毛皮を剥いで、その下に眠ってる花を代はりに見せとくれよ」
「はん!痴れてやがる」

黒豹の尾は、宵闇の中ではなぜか、銀の光澤をうねらせて、次第に消へていつた。


..2003/5/21(水) 【初夏の斷章 D】




**********************

僕は生まれて一度も詩人なりたいと思ったことがない。
これは紛れもない事実。

2001年の初夏から始めた海への素潜りは、何度も息切れを繰り返し。
むしろ今は、かつて触れることのできた
たとえば愛らしいチョウチンアンコウの尾鰭すら、見定めることすらできなくなった。

実験室も、発掘事件簿も、スパイラルも、実はまだ海中に眠っています。
でも、僕は、ある種の言葉を綴ることができなくなってしまった。
僕はもう、わだつみの中に浮かぶ漁り火も、夜光貝の瞬きも恐ろしくなってしまった。

かつて僕の左の耳殻の中で踊った声を。
さやさやのまのまゆとまとよろけと。
いまも沢山の囁きは存在するけど。
嘘も本当も、始点も終点も、何もない。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

絹山絹子

Author:絹山絹子
狸穴幼稚園の図書委員

kochairo@hotmail.com
Twitter account:@quinutax

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。